noteにわかりやすい教えやすい教材を用意!

音楽授業で必須のグッズ・ツールまとめ4選【授業をスムーズに、準備も時短!】

キビキビ先生
良い授業が思いついた!

と意気込んで臨んだ音楽の授業。

こんな経験で出鼻をくじかれた経験、ありませんか?

  • 必要なものを職員室に忘れてきて生徒待たせる
  • CDやDVD、学校の機器の不具合でうまく再生ができずオロオロ
  • 前回どこまで説明したか思い出せず、説明被ったり飛ばしたり
  • 提示したプリント資料が小さすぎて後ろの生徒が見えない・伝わらない
コギト先生
いくら良いアイデアがあっても授業の流れが悪かったりわかりにくかったりするとうまくいきません(経験あり)
新米教員
生徒がイライラしちゃうとやばい…。

今回は良い授業をする時に大事な「道具」についてお話します。

コギト先生
自分が毎回の授業で使っているグッズを紹介しますので参考にしてみてください!

授業は説明の仕方や、活動内容だけで「良い授業」になるのではありません。

  • わかりやすく効果的な資料の提示
  • スムーズにテンポよく進む授業進行
  • 教える側の余裕をもった指導

授業の内容がとびきり面白いものでなくても、上のような要素があれば生徒たちは授業に自然と引き込まれていきます

コギト先生
スムーズな進行で良い授業を実現するには指導力だけでなくて「良い道具」も必要です!

「弘法筆を選ばず」と言いますが、

逆に、道具を選ぶだけで良い授業に近づけるなら安いもの、だと思いませんか?

今回紹介するグッズ・ツールを使って

スムーズな授業の準備や進行ができることによって、

  • 授業の流れがスムーズになる
  • 授業中の無駄な時間がなくなる
  • 生徒が授業にノレる
  • 先生の教材準備もラクになる

というメリットがあります。

こんな方に今回の記事をおすすめします。

こんな先生におすすめ
  • 授業の進行に手間取ることが多い先生
  • 授業の準備を効率的にして、定時退勤をしたい先生
  • 授業改善をして面白い授業を実現したい先生

コギト先生
良い道具で授業すると自分の気分もアガりますよ!

音楽授業のネタ仕事術をブログやnoteTwitterで発信中です!

音楽授業で必須!おすすめグッズ4つ

私が音楽の授業で使用している「おすすめするグッズ・ツール」はこの4つです。

音楽授業のおすすめグッズ
  1. 授業用名簿(評価欄付き)
  2. 12.9インチiPad
  3. 接続ケーブル類
  4. Bluetoothスピーカー
コギト先生
一つずつ説明していきますね!

①授業用名簿(評価欄付き)

↑このような「授業用名簿」をエクセルで自作して使っています。

コギト先生
出席をつける以外にも目的があるよ!

私は授業用にカスタマイズした「授業用名簿」を用意しています。

  • どこのクラスでいつ授業があったか
  • どの内容の授業をどこまでやったか
  • 生徒のどんな様子があったか

を記入できるような体裁にしています。

この名簿を受け持っているクラスごとに作成

一回の授業で1ページ必要なのでその分の枚数をコピーして

ファイルに綴じて使います。

コギト先生
サッと出して使いたいので デジタルではなくて、紙で使うのがおすすめです。 

私は受け持つ全てのクラスの名簿を一つのファイルに綴じていますが、結構多くなるので

クラスが多ければ、1クラス1ファイルに小分けしても良いかもしれません。

この授業用名簿を授業1回ごとに1枚書きます

新米教員
え。全員分の授業の様子書くの?無理…。
コギト先生
書くことがある生徒だけ書けばいいので、全員分は毎回書きません。授業後に書いてもいいけど、授業中にサッと書くこともあります。

全てを丁寧に書き込むのは時間がかかって無理なので、例えば、

  • 欠席の生徒の名前の横にだけ「×」印をつけておく
  • 評価できそうな発言や表現があった生徒のコメントだけ書いておく
  • その授業で決まったパート分けや、リーダーなどを書いておく
コギト先生
授業中であっても忘れないようにすぐに出して書きます!

これは最終的に「授業の記録」になるので

出席票(評価欄つき)の便利な点
  • 出席表の代わりになる
  • 授業をどこまでやったか確認できる
  • 生徒の評価や決めたことの備忘録になる
  • 評価のネタがたまっていく

後で見返したときに行った授業についてちゃんとわかるので便利。

実際の記入例はこんな感じ。書かないところがあっても気にしません。

コギト先生
必要なことだけ、シンプルに書き殴っておくだけです。時間をかけないのが鉄則。

授業後の1分くらいでバババっとこれを書いてから職員室に戻るようにしています。

評価時期の前に見返すと、「あ、この子のコメント何もないから評価が困るな」とわかったりするので、次の授業から気をつけて見ることもできたりして便利です。

ファイルはこれを使っています。

丈夫で開きやすく、記入がしやすくて愛用しています。

②12.9インチiPad Pro

コギト先生
スマホやタブレットは音楽や動画を流す以外でも使い道たくさん!

授業用に12.9インチのiPadProを購入しましたが、めちゃくちゃ使えます。

【教職員割引よりお得?】教員がiPadを最安で購入する方法

スマホやタブレット端末を音楽の授業でこんなことに活用しています。

iPadの授業での活用例
  • 音楽を流す、映像を見せる
  • スライド(keynote)を見せる
  • 教科書やワークシートをテレビに映し出して提示
  • 楽譜を見て伴奏
  • 指導案を書く、見る
コギト先生
授業であれやこれやの準備がなくなり、とにかくiPadがあればOK!

iPadを使い始めてから、授業で必要なもののほとんどがiPadで代用できることがわかりました。

12.9インチのiPadProは、A4サイズで重いのが難点ですが、

楽譜が見やすく、横置き2ページ表示でも問題なく視奏ができるから、音楽の教員には特におすすめなんです。

iPadの授業への活用については以下の記事に詳しく書いてあります!

【授業の準備が半分に!】音楽教員がiPad Pro12.9インチを使ったら便利すぎた話

音楽教員向け】iPadアクセサリ12選!

③接続用ケーブル類

コギト先生
スマホやタブレットとステレオ、テレビを接続するときに使います!

私が接続ケーブル類で持っているのは以下の4つ

接続ケーブルのマストアイテム
  1. 延長コード(3口)
  2. HDMIケーブル
  3. スマホ・タブレット用アダプタ
  4. ステレオピンジャック

延長コード(3口)

授業ではデジタル機器を使って授業することが多くなったので、延長コードは自分のものを持っていて、必要な時に使っています。

延長コードは3メートルあって、3つ口くらいのものを選びましょう。

複数の機器を組み合わせて使う場合があり、機器の配置によっては配線が届きづらいこともありますので、長めののもがおすすめです。

学校にあるものを使ってももちろん良いのですが、いちいち借りるのが面倒なので自分のものを持っておくと便利です。

 HDMIケーブル

HDMIケーブルはパソコン・スマホ・タブレットとテレビ(プロジェクタ)をつなぐ際に必須のアイテムです。

これも2メートルくらいのものを選んでおくのが良いです。

まずPCとテレビをつなぐにはこれが必要です。

iPhoneなどのライトニング端子とテレビを繋ぐ場合は追加で以下が必要。

(Apple純正品を絶対におすすめ)

↓Android端末やiPad(USB-Cタイプで接続する機器)からはこのコードがあれば大丈夫です。

ステレオピンジャック

  • スマホ・パソコンの音声をBluetooth非対応のステレオで
  • テレビの音声をステレオで
  • Bluetooth非対応の機器の音声をBluetoothスピーカーで

こんな時にはピンジャックが必要になります。以外と使う機会があるので、持っておくと良いです。

④Bluetoothスピーカー

音楽教員に私が最もオススメしたい高コスパツールは「Bluetoothスピーカー」です。

  • 高音質でスマホやタブレットの音を流せる
  • 無線接続ですぐに曲が流せる
  • 音楽室以外でも電源のない場所でも使える

細かいことを気にしなければ、

コギト先生
ちょっとこの曲聴いてみよう!

すぐに曲をかけることができるのがよいところ。

音質だけを取れば音楽室の大きなスピーカーには負けますが、

便利さ、機動性に優れているので、

曲をかける時の準備や手間のストレス、タイムロスがなくなり、快適・スムーズに授業が運ぶようになります。

音楽教員におすすめなのがBOSEのサウンドリンクミニⅡです。

持ち運びがしやすいこのサイズのBluetoothスピーカーの中では最強の音質です。

コギト先生
この小ささで驚くべき音質と迫力。以下の記事で紹介しています。音質実験もしているので是非ご覧ください!

【便利グッズ】良音Bluetoothスピーカーで音楽授業のコスパを爆上げ

Bluetoothスピーカー音質比較(BOSEとAnker)

まとめ 授業に必要なグッズを揃えて良い授業に!

音楽の授業を流れの良くわかりやすいものにするためのグッズを紹介しました!

音楽授業のおすすめツール・グッズ4つ
  1. 授業用名簿
  2. スマホ・タブレット
  3. 接続ケーブル類
  4. Bluetoothスピーカー
コギト先生
私はこれを一つのバッグに収めて「授業セット」にしています!

↑自立するので、職員室のデスクの下に置いて授業の時はバッグごと持っていきます。15〜16インチのパソコンもギリギリ入る大きさ。肩掛けできるとさらに便利だったかな、と最近は思っています。

授業の必須アイテムをバッグにひとまとまりにしておけば、「とりあえずバッグごと」持っていけば良いので、授業準備に時間を取られることも少なくなります

いろいろなグッズを今回紹介しましたが、

新米教員
自分で準備するとなると結構お金もかかるわよね…

確かに。

「お金をもらいにいく仕事なのに、その仕事のためにお金を使うなんて」と思うかもしれません。

コギト先生
本当は仕事場にこれらのグッズが全て用意されていれば一番良いのですが…

現状なかなかそうもいかないのが学校の実情ですよね。

私が授業で使う道具を自分買っている最大の理由は、

職場で準備されているグッズは共用なので

使いたい時に他の人が使っていたりする」「機能が不十分だったり不具合があったりする

というトラブルがあるからです。

そういう理由でドタバタして予定していた授業ができなかったり

準備に時間を取られてしまったりしていたら、

  • 授業のクオリティが下がる
  • 自分の仕事時間も増えてしまい、時給換算すると時間あたりの給料が下がる
コギト先生
結局損になっちゃったりします。

教員にとって、授業で使うグッズは「職人の飛び道具」と同じ。

自分で選んだ「良いもの」を使うことが「良い授業」に直結します。

今回は以上ですっ!

仲間に知らせよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

コギト先生
コギト@音楽教師歴15年・ピアノ歴20年以上。30代で アマチュアコンクールで全国入賞、国立大学の附属学校で死ぬほど研究&教育実習を担当。作曲編曲も得意で伴奏アレンジや合唱、合奏編曲もやります! 音楽の授業をクリエイティブに。アレクサンダーテクニーク(AT)指導者資格あり。音楽指導のネタやコツを発信。