noteにわかりやすい教えやすい教材を用意!

【まずはこれだけ!】音楽教員におすすめのiPadアクセサリ・周辺機器12選

コギト先生
iPad買ったらアクセサリも凝りたい!

iPadを使ってみたら授業でも私生活でも大活躍でめちゃ便利で毎日持ち歩いています。

【授業の準備が半分に!?】音楽教員がiPad Pro 12.9インチを持ったら便利すぎたという話

買ったのは2021年モデル(第五世代)のiPadProの12.9インチです。

 

新米教員
iPadのアクセサリ、周辺機器って最低限何を揃えたらいいんだろう?

キビキビ先生
音楽教員へのおすすめの周辺機器ってある?

こんな疑問に答えます。

 

今回はiPadを購入した際にに必要になるアクセサリ・周辺機器アイテムを紹介します。

 

ガジェット大好きの私。

iPadの周辺機器を選ぶ際には、iPadの情報を発信しているユーチューバーの平岡さんの動画を参考にしています。

 

iPadを購入したら必要になるのがこのあたりのものです。

iPadに必要な周辺機器アクセサリ12
  1. カバー
  2. スタンド
  3. キーボード
  4. ケース
  5. スタイラスペン(Apple Pencil)
  6. 保護フィルム
  7. テレビとのコネクタ
  8. 譜めくりボタン
  9. 記憶デバイス(外部ストレージ)
  10. USBハブ
  11. CDドライブ
  12. Bluetoothスピーカー

音楽教員の先生へのおすすめも入っていますので是非参考に!

順番に解説していきます!

 

音楽授業のネタ仕事術をブログやnoteTwitterで発信中です!

 

音楽教員がiPadを買ったら準備したいアクセサリ・周辺機器12個

 

私の今のiPadの装備はこのような感じになっています。

iPadは見た目が良いことも意外に重要な点

キビキビ先生
持ってる&使ってるとそれだけでテンション上がるので、イヤな仕事のストレスだってまぎれる。

iPadならではの「気分がアガる」というメリットを最大限に生かすためにもアクセサリもこだわってみましょう!

コギト先生
みなさんの気に留まるものがあれば嬉しいです!

 

1:カバー(適合機種の間違いに注意!)

コギト先生
iPadを保護するための必需品ですね。

 

私は「MOFT Float」という製品を使っています。

  • カバーになる
  • スタンドにもなる
  • 画面が浮いて高さ調節もできる

ので、1台3役で便利です。

↓画面浮かせたり、縦置き横置き、コンパクトに収納できて便利。ちょっと重い。¥

ただ、この製品は2020年モデル(第4世代)対応で、私が持っているのは2021年モデル(第5世代)。iPad12.9インチは第5世代になると本体の厚みが増したため適合しないのです。

(その辺を知らずに購入してしまいました…)

 

せっかく買ったので強引に適合させて使ってます。


↑Apple Pencil装着部分。iPadPro2021だとサイズが合わないため、ちょうどこの部分が浮いてしまってマグネット装着が出来なかった。ので、切りました。ハサミで。

コギト先生
カバーを購入の際は適合機種をよくチェックしてくださいね!

 

一応第2候補として考えていたものはこれです。

シンプルです。シリコンカバーは衝撃にも強そうですし、iPadのかっこいいフォルムやロゴ、色が透けて見えるのでおすすめ。

カバーの購入で気をつけなければいけないのは、Apple Pencilをつける部分がカバーで覆われているとマグネットでくっつけたり充電できなくなってしまう点。

このエレコムの商品はApple Pencilをマグネットで装着して充電もできる仕様になっているので大丈夫です。

 

カバー選びは以下の点をポイントにしましょう

カバー選びの際の注意点
  • 適合機種をしっかりチェック
  • Apple Pencilが装着して充電できるかチェック
  • 軽さ・厚み・重さ
  • デザインが自分好みかどうか

 

2:スタンド

iPadを立てて置いたり見たりしたい場合、スタンドが必要になります。

コギト先生
特にiPad12.9インチは大きいし重いので、手で持って操作するというのには向きません。スタンド必須かと思います。

 

(①で紹介した「MOFT Float」はカバーにもスタンドにもなりますが、前述のとおり2021年版のiPadProには非対応。)

MOFTには「MOFT X」という製品もあります。

iPadの背面に取り付けるて使用時には組み立て、使用しない時には折り畳んでおきます。

良いところは

  • シリコンカバーなどの上からでも貼り付けできる(特殊粘着素材)
  • 軽い(140g)
  • 縦横どちらでも置ける

という点です。

 

iPadには何もつけたくない、スタンドを使うのは家のデスクだけ、

という方には「Boyata」据え置き型のスタンドもおすすめです。

↑この商品は高さ、角度が自由に変えられて、かつ角度の可変部分がカチカチに硬いので、スタンドに置いてその上に手を置いてApple Pencilで作業しても角度が変わってしまったりすることがありません。

 

私は違うタイプですがBoyata製品を家の定位置に置いて、

  • 音楽を流す
  • YouTube再生(テレビへ送信)
  • 家電操作
  • 充電する
  • 買い物リストや思いついたことをメモ

などリビングの真ん中で使っています。

 

コギト先生
デザインの好みもあるけれど、便利なのは角度が変えられるタイプ。

 

3:キーボード

コギト先生
タブレットは多機能でほとんどパソコンの代わりで使えます。たまにキーボード使いたくなりますよ

メールやメモ、授業の資料やスライドをキーボード入力で作成したい場合は、キーボードの購入が必要になります。

 

iPad用のMagic Keyboardは、iPadカバーにもなり、スタンドとしても使え、キーボード、トラックパッドまでついていてPCと同じ感覚で使えます。

 

iPad用のMagic Keyboardの欠点は、ただただ重いことと、値段が高いこと!

これをつけると、Macbook13インチより重くなるので、携帯のしやすさという意味では大減点…。

 

私はそこまで毎日キーボード使わないので、

mac用のMagic Keyboardを必要に応じて持っていって使っています。

 

 

4:キャリーケース

コギト先生
愛する私のiPad…。キズモノにしたくはないの…。

カバンに入れて持ち歩いたりする場合、本体を傷つけることなくiPadを持ち運ぶために、キャリーケースを準備した方がよいかもしれません。

 

iPadは大事に使っていれば、買い換える時にも高値で売れるので、

iPadを絶対に傷つけたくない人や、

リセールバリューを高めたい人には

キャリーケースを使うことをおすすめします。

 

Amazonから出ているものが。iPad専用ではないにせよ、コスパ良くておすすめです。

 

こちらはiPadAir.Proの専用ケースで本革。めちゃくちゃおしゃれですね。

 

5:スタイラスペン(Apple Pencil一択!)

iPadを購入してとても便利だと感じたのは、ノートアプリ。

「GoodNotes」アプリは利用者が多い超便利ノートアプリで、

  • 手書きで思考を巡らせながらメモ
  • PDFの資料やスキャンした教科書を取り込んで書き込み
  • テレビに映してポインタで指し示したりもできる

授業はもちろんプライベートでもガンガン使ってます。

コギト先生
書き散らしても無くならないしかさばらないし、消しゴムのカスも出ないし、こんなに便利だとは思わなかったです。

もう紙のノート、いらないかも…。

って思うくらいの便利さ。

 

ノートアプリを使いこなすにはスタイラスペンが必要ですが、

スタイラスペンは、Apple純正のApple Pencilの他にも安価なものがたくさん出ています。

でも、

コギト先生
私としては純正のApple Pencilをおすすめします。

 

純正のアップルペンシルの良いところは、

  • マグネットでiPadにくっつくところ
  • マグネットでくっつけると自動で充電できる

という点ですが、

Apple pencil以外のスタイラスペンでこれらの機能をどちらも兼ねそろえているものはありません

 

記事の始めのほうで紹介したiPadユーチューバーの平岡さんのおすすめで

私は最初Apple PencilではなくUSGMoBiというブランドのスタイラスペンを購入しました。

反応や書き心地もApple Pencilと変わらないし、パームリジェクション機能(iPadの画面に手が触れていても書ける)もついているので、使っている時間はApple Pencilとほとんど遜色ないのですが、

充電する時にUSB接続しなければいけない点や、iPadにくっつけることができない点で不便。

使いたい時に充電なくなるのは嫌ですし、iPadにくっつかないと失くしそうです。

 

コギト先生
頻繁に使うものだからより便利に使えたり保管・充電できた方が絶対いいですよね。

スタイラスペンを頻繁に使う人には純正Apple Pencilをおすすめします。

 

6:保護フィルム

コギト先生
愛する私のiPad…。絶対キズモノにしたくはないの…。(2回目)

画面が割れたり傷ついたりしないように保護してくれる保護フィルム。

iPadを注文したら真っ先に買っておいて、iPadが届いたら使い始めるより前にまず貼ってしまいましょう。

 

Apple Pencilでタブレットに字や絵を書き込む作業する人には、ペーパーライクフィルムがおすすめ。

 

フィルムはたくさんのものが出ていてどれを買うか悩みますが、ユーチューバー平岡さんのおすすめは上の商品でしたので迷わず「JPフィルター専門製造所」のペーパーライクフィルムを購入。

 

モニタがつや消し表示のようになりますが、表面がザラザラしているので描き心地が本当の紙のようになりペーパーライクフィルム以外の時より圧倒的に書きやすいんです。

コギト先生
表面がツルツルだと、Apple Pencilが滑ってしまい、うまく書けませんからね。

 

ペーパーライクフィルムのようにザラザラな表面だと指紋がつかないのも良いところです。

 

7:テレビとのコネクタ

コギト先生
テレビとつながずして、教員はiPadを何に使うか。めちゃ便利よ。

 

授業でiPadの画面をテレビに映し出すのが授業では最も多くなるiPadの使い方。

iPadとテレビを繋ぐコネクタは必須になります。

 

USB-C端子(iPad側)→HDMI(テレビ側)のコードを購入します。

上の商品だと問題なく授業で

  • YouTubeの動画見せる
  • キーノートのスライド見せる
  • アプリの画面を投映する

ことに使えています。

 

コギト先生
以前はiPhoneからKeynoteのスライドをテレビに投映していたのですが、埋め込み動画がうまく再生できなかったんです。

iPhoneからテレビに繋いで画面を映し出す場合、Lightning端子での接続になるのでその関係かと思いますが、Keynoteに埋め込んだYouTubeの動画が再生されないという不具合がありました。

 

iPadからUSB-C→HDMIのケーブルでつないでみると、これが見事に解消!

 

コギト先生
自分で作ったオリジナルのスライド教材もバッチリ使えました!

 

↓ラクに授業できる「動物の曲鑑賞授業」のスライドが以下からダウンロードできます。

【楽しい!わかりやすい!】「動物の曲」鑑賞の音楽授業教材ネタ

 

8:譜めくりボタン

コギト先生
ピアノの伴奏までiPadでうまくいくなんてもうiPadメロメロ。

↑足元に置いて、ペダルのように踏んで譜めくりをする、「Blue Turn」というガジェット。

「for Score」などの楽譜管理アプリで使います。

 

電池式で、Bluetooth接続でペアリングすればスイッチをオンしてあとは踏むだけ。細かい設定なくすぐに使えます。

音楽室のピアノの足元に置きっぱなしにしておいてもいいかもですね。

 

9:記憶デバイス(外部ストレージ)

コギト先生
容量の少ないiPad選ぶとデータの保管先は結構迷うよね。
  • いっぱいになったiPad内のデータを移し替えたい
  • iPadからWindowsPCにデータを移動させて使いたい

こんな場合は記憶デバイス(外部ストレージ)が必要になります。

 

iPad内のデータ保管場所として外部ストレージを使いたい方はUSB-C接続できるものを選びましょう。

「RAOYI」のSSDは小さくて、コードもUSB-Cのもの(iPadと接続できる)と、USB-Aのもの(WindowsPCと接続できる)両方ついています。

これを一個買っておけば、iPadのデータ保管にも、 Windowsパソコンとのデータのやりとりにも両方使えます。

コギト先生
別に接続コードなどを購入する必要がありません!

 

また、Windowsパソコンとのデータのやりとりだけを手軽に行いたい方は、

このようなUSB-A、USB-C、どちらの端子も本体についている「BUFFALO」の外部ストレージもおすすめです。とにかく小さい!

 

10:USBハブ

コギト先生
iPad本体についている差し込み口はUSB-Cが一つだけ。

SDカードを読み取ったり、よく見るUSBの端子を持ったデバイスを接続したい場合にはUSBハブが必要になります。

 

私はmac と兼用でAnkerの「PowerExpand」というUSBハブを使っています。

USB-A、USB-C、SD、microSD、HDMI、LAN、の差し込み口があり、少し大きめでかさばりますが、どんな差し込みタイプにも対応なので不足はありません。

 

SDしか使わない、とか言う場合にはApple純正のSDカードリーダーや、

 

USB-Aに変換するだけの製品もあります。

 

コギト先生
自分の必要に応じてえらんでくださいね!

 

11:CDドライバ

コギト先生
今まで買ってきたCDの音を iPadに収納したいの…

音楽教員は授業で使う曲の音源をCDで持っていることも多いと思います。

 

CDの音源をiPadに取り込みたい場合は、CDドライバが必要。

基本はPCにiTunesをインストールしてiTunes経由でiPadに音楽を入れることになりますが、

MacやiPadにはCDドライバがついていないし、結構面倒…。

 

「ラクレコ」という商品があります。

「ラクレコ」が他のCDドライバと違う点は、

ラクレコの良い点
  • ケーブルでつながなくても曲を端末に取り込むことができる
  • PC(iTunes)を経由しなくても直接iPad(iOS端末)に曲を取り込むことができる

です。

デメリットはiTunesではなくて、「ラクレコアプリ」という専用のアプリでしか再生できない点。

コギト先生
今までiTunesとかに音楽を入れていた人なんかはデータが2つの入れ物に分かれちゃう感じだね…。

 

どうしてもiTunesで音楽を管理したい場合はこちらがおすすめ。最高音質で取り込みができます。音楽データを損失なく読み取ってくれるハイスペックなCDドライバです。

 

12:Bluetoothスピーカー

コギト先生
iPadから手軽に音を聴かせる場合はこれ。音楽教員のマストアイテム。 

授業用のBluetoothスピーカーを準備しておくと、iPadから音楽を高音質で手軽に流すことができます。

おすすめはBOSEのBluetoothスピーカー「サウンドリンクミニⅡ」

 

音楽教員用の高音質のBluetoothスピーカーは以下の記事を参考にしてください。

音楽教員におすすめのBluetoothスピーカーはこれです

音楽授業に最適なBluetoothスピーカー音質比較

 

まとめ iPadのメリットを最大活用しよう!

iPadを購入したらまず買い揃えたいアクセサリ・周辺機器を11個紹介しました。

コギト先生
フィルムカバーは最低iPadが届く前に用意しておいた方が良いと思います。ないと持ち運ぶのが怖い…。

せっかく購入したスタイリッシュで高機能なiPad。

授業やプライベートで便利に使えるよう、追加したい機能を考えて周辺機器やアクセサリでカスタマイズしてみてください。

自分好みの色や形で統一感を出してみるのもいいですね!

 

 

持っているCDの音源をiPadに取り込むためのCDドライバも紹介しましたが、

音楽系のサブスクに加入すると、「ない曲はない」というくらいの曲数(6000万曲以上)が聴き放題・聴かせ放題になるのでおすすめです。

 

個人的におすすめなのはYouTube premium。

  • 広告がつかないからすぐに動画を再生
  • 動画を一時的に保存し、オフラインでも再生
  • YouTube musicもフルサービス使える
  • バックグラウンド再生でき、プライベートでも便利に使える

月額1,180円でこれらのサービスが受けられるので、音楽の授業だけでなくプライベートでもYouTubeを多く視聴する人は加入すると良いかもしれません。

iPadとYouTube premiumがあれば、曲のCDを購入したりする必要はなくなりますので、色々な曲を生徒に聴かせたい先生はCDを月に何枚も買うより全然コスパに優れています。

YouTube premiumへ

 

アマゾンユーザーならAmazon music unlimited。

コギト先生
Amazonプライムに加入している人はAmazonMusicUnlimitedでも音楽が聴き放題です(780円)

 

Youtube PremiumやAmazon music unlimitedに加入しておくと、準備なしで世界中のあらゆる曲をすぐに流すことができるので、

  • CDを注文して受け取ったり
  • CDを買いに行ったり
  • CDを家や職員室から持っていったり

という手間がなく、

曲の準備にかけていた時間がゼロになります。

コギト先生
授業で思いついた時にその場で検索して音楽を流すなんてこともできます!

iPadで授業する時により便利になるサービスも検討してみてください。

 

自分のiPadをどんなシーンでどのように使うのか、よく考えて、

自分に合うアクセサリや周辺機器を選んでくださいね!

参考になれば幸いです!

 

今回は以上です!

 

 

 

 

 

仲間に知らせよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUT US

コギト先生
コギト@音楽教師歴15年・ピアノ歴20年以上。30代で アマチュアコンクールで全国入賞、国立大学の附属学校で死ぬほど研究&教育実習を担当。作曲編曲も得意で伴奏アレンジや合唱、合奏編曲もやります! 音楽の授業をクリエイティブに。アレクサンダーテクニーク(AT)指導者資格あり。音楽指導のネタやコツを発信。