noteにわかりやすい教えやすい教材を用意!

【授業の準備が半分に!?】音楽教員がiPad Pro 12.9インチを持ったら便利すぎたという話

 

コギト先生
音楽の授業の最大のコツはiPadを使って授業すること、だったのかも。

こんにちは、音楽教員ブロガーのコギトです。

 

ついに念願のiPadPro12.9インチ第5世代を購入しました。

 

↓こちらはiPadを活用する以前の持ち物。結構大荷物(お、重いぜ…)

  • PC
  • CD
  • ペーパーの指導案
  • 教科書
  • ワークシート
  • 楽譜集

iPadを手に入れてからは、持ち物が半分に

  • iPad
  • 接続ケーブル類
  • Bluetoothスピーカー

新米教員
楽器の準備もあるし、その他の持ち物や準備はなるべく減らしたいわよね。

 

持ち物だけではありません。

音楽の授業周りでiPadが活用できるところを実際に使いながら探してみたら、

授業で行うほとんどをiPadで代用できてしまう事が判明したんです。

コギト先生
アプリを駆使すれば、授業や準備でおこなうほとんどのことをiPad上で行うことができます。すごい。

 

 

授業ではこんな時にiPadを活用しています。

授業での活用場面
  • Keynoteでスライドを見せる
  • 音楽を流す・映像を見せる
  • 教科書やワークシートをテレビに映し出す
  • 楽譜を見て伴奏、生徒に楽譜を見せる
  • 指導案を書く・見る

 

iPad上で様々なことができるので、iPadさえ忘れなければ、

  • CDを出してデッキに挿入する
  • テレビにPCやらスマホややら何台も接続
  • 楽譜忘れて職員室に取りに行く

こういった面倒なことがなくなり、授業の手続きや流れも至ってシンプルになったのも嬉しいです。

 

ちなみに音楽の先生が授業で最大限にタブレットを活用したいなら、12.9インチiPadPro一択

コギト先生
楽譜をiPadで見るときに画面が大きい方が便利だからです

12.9インチのサイズがあるのはiPadProだけなんです。

 

今回はiPadの音楽の授業での活用方法を紹介します。

音楽授業のネタ仕事術をブログやnoteTwitterで発信中です!

 

 

音楽の授業でiPadを活用しよう!

コギト先生
順番に紹介していきます!
授業での活用場面
  1. Keynoteでスライドを見せる
  2. 音楽を流す・映像を見せる
  3. 教科書やワークシートもテレビに映す
  4. 楽譜を見て伴奏、生徒に楽譜を見せる
  5. 指導案を書く・見る

 

①Keynoteでスライドを見せる

スライド資料をテレビに映し出して授業することも多くなりました。

Macや、iPad、iPhoneでは、無料のプレゼンテーションソフト「Keynote」が使えます

Windowsで使っていたPowerPointと機能はほぼ一緒です。


↑KeynoteはiPadだけでスライドを作成・編集が編集でき、そのままテレビで映せます。ちなみにこのスライドは「動物の曲鑑賞」の教材。ダウンロードはこちら

 

教育現場のPCはほぼWindowsのため、これまではPowerpointがプレゼンソフトとしては主流でしたが、

Keynoteは機能的にもPowerpointと比べて全く遜色なく使え、しかも無料なんです。

コギト先生
Keynoteを使い始めてからはPowerpointは一切使わなくなりました!

iPadを使い始めてから、PCが必要なくなりました。

PCを授業に持っていく必要がなくなれば結構身軽になります。

 

12.9インチのiPadProなら、A4サイズなので、iPadの画面自体を授業で提示することもできます。


↑スライド教材の「リズムフラッシュカード」。iPadの画面をそのまま生徒に見せてもいけそうです。

「リズムフラッシュカード50問」の教材のダウンロードはこちらからダウンロード!

 

先輩教員
もともとPowerPointで使っていたデータは使えないの?

Powerpointで作成していたデータはKeynoteで読み取れますし、またKeynoteデータはPowerPointに書き出しもできます。

PowerPointからKeynoteに乗り換えることは簡単にできますよ。

 

コギト先生
Keynoteを使ってiPad上でスライド作成をしたい人はキーボードを接続して使えば便利です!

↑iPadカバー、キーボード、トラックパッド全てが一体になっていてPCのようにiPadが使えます。ただし重い。

↑私はMac用のキーボードをiPad に接続して使っています。

 

②音楽を流す、動画を見せる

iPadに音楽をストックしておけば、すぐに音楽を流すことができます。

 

CDで聴かせるよりもiPadから音楽を流す方が以下の点で便利です。

  • 授業の単元ごとにプレイリストで曲を管理できる
  • CDを忘れた、などという失敗がない
  • サブスクサービスを使えばどんな曲でもすぐに準備できる


↑iPadの「ミュージック」アプリのプレイリストの画面です。単元や学年で使う曲をまとめておけば、「あの曲どこいった?」と探さずに済みます

 

月額の「YouTube premium」や、「amazon Music Unlimited」に加入すれば、6000万曲以上の曲が流し放題なので、思った曲をすぐに流すことができます。

 

また、音楽の授業では参考動画としてYouTubeの動画を見せることが多くなりました

コギト先生
YouTube premiumへの加入がおすすめです!

YouTube premiumに加入しておくと、

  • 広告がつかないからすぐに動画を再生
  • 動画を一時的に保存し、オフラインでも再生
  • YouTube musicもフルサービス使える
  • バックグラウンド再生でき、プライベートでも便利に使える

月額1,180円でこれらのサービスが受けられるので、音楽の授業だけでなくプライベートでもYouTubeを多く視聴する人は加入すると良いかもしれません。

iPadとYouTube premiumがあれば、曲のCDを購入したりする必要はなくなりますので、色々な曲を生徒に聴かせたい先生はCDを月に何枚も買うより全然コスパに優れています。

YouTube premiumへ

 

コギト先生
Amazonプライムに加入している人はAmazonMusicUnlimitedでも音楽が聴き放題です(780円)

 

③教科書やワークシートもテレビに映す


↑ノートアプリに教科書を取り込めば、書き込みしながらテレビで見せることもできます。

 

電子教科書が普及しつつあります。

教科書をテレビに映し出して提示することもiPadなら簡単です。

 

方法は以下の2通りです。

  1. デジタル教科書のデータをiPadに入れる(デジタル教科書のCD-ROM等から)
  2. 教科書本をカメラでスキャンしてノートアプリで管理(おすすめ)

 

私がとっている方法は②で、

「AdobeScan」というアプリスキャナで教科書をスキャンし、

「GoodNotes」というノートアプリに入れるという方法。

 

↓以下のツイートの動画で方法を確認。簡単です。

 

「GoodNotes」はシェアも広く、多くの人が便利に使っているノートアプリです。

GoodNotesを使うと、

教科書をテレビなどに映し出しながらポインタで示したり、

書き込んだりすることもできるので授業で提示するときの効果が高いです。

市販のアプリなので、教科書だけでなく、ワークシートや写真、楽譜などなんでも取り込んで1つのノートにまとめることができるので、

コギト先生
さながら、自分だけの指導書が出来上がる感覚。

 

Adobe Scan: OCR 付 スキャナーアプリ

Adobe Scan: OCR 付 スキャナーアプリ

Adobe Inc.無料posted withアプリーチ

 

GoodNotes 5

GoodNotes 5

Time Base Technology Limited¥980posted withアプリーチ

④楽譜を見て伴奏、生徒に楽譜を見せる

授業で使う曲の楽譜などもPDFで保存しておくと重い楽譜を持ち歩くことがなくなり便利です。

私は「for Score」 というアプリで楽譜を管理しています。

PDFで楽譜を保存するなら先ほどのGoodnotesのノートアプリでも十分ですが、

forScoreはさすがに楽譜管理アプリだけあって

見やすく、

メトロノーム機能があったり、

譜めくり機能が簡単にできたりして便利です。

ForScore は少しお高めなのでPiascoreでも良いと思います。この2つのアプリの違いはそんなにないと思います。

forScore

forScore

forScore, LLC¥2,440posted withアプリーチ

 

Piascore – スマートデジタル楽譜リーダー

Piascore – スマートデジタル楽譜リーダー

Piascore, Inc.無料posted withアプリーチ

 

もちろんテレビにつなげば楽譜を拡大して生徒に見せることも簡単

 

フーガト短調や、運命のような曲の構造を理解しなければならない曲の場合は

楽譜作成アプリ「FLAT」などを利用して、曲を流しながら楽譜を追う、なんてこともできます

↓以下のツイートで確認してみてください。

 

Flat: 作曲&楽譜作成アプリ

Flat: 作曲&楽譜作成アプリ

Tutteo Limited無料posted withアプリーチ

 

「フーガト短調」のスライド教材や楽譜データ・音源はこちらからダウンロード!

 

⑤指導案を見ながら授業を進める

普段は一人で授業を行うので、指導案は書きませんが、

授業をどのように進めるかの手順や、忘れてはいけないことなどをメモしておいて授業に臨んでいます。

このメモも先ほどの「Good Notes」アプリを使えば簡単です。


↑指導に関するメモもGoodNotesアプリで作成。無くさないし、かさばらないのが良いところ。指導のネタがiPadにどんどん溜まっていくので、次年度以降も振り返れて便利です。

学年別の授業用ノート、会議用ノート、などがiPad一つに収まるので、デスクや引き出しもスッキリしますね。

 

手書きノートアプリを使用する時にはスタイラスペンは必須です。

音楽教員におすすめのiPadアクセサリ・周辺機器

iPadに直接書き込みができるスタイラスペンは「Apple Pencil」一択です。

コギト先生
指導のメモを書くときはアイデアが湧きやすい手書きをしましょう!

 

まとめ  音楽授業で活かしきるなら12.9インチiPadPro一択

コギト先生
12.9インチのサイズがあるのは、iPadProだけ。

 

iPad12.9インチは個人的に大満足ですが、短所もあります。

iPad12.9の短所
  • 重め(684g。11インチは468g)
  • 値段高い(11インチより30,000円程度高い)

iPadPro12.9インチは持ったまま操作するのはちょっと無理な感じの大きさと重さで、

さらに購入には結構な費用が…。

 

しかし音楽教員なら、

紙の楽譜ではなくiPadで楽譜を見ることを考えると選ぶのは12.9インチのiPadPro一択と考えます。

楽譜を適度な大きさで2ページ表示で見られるのはとても大きいですね。

コギト先生
私自身も12.9インチで大満足です!

 

音楽の授業でiPadが活用できるのは、

音楽教員iPad活用場面まとめ

授業前に指導の流れやアイデアをGoodnoteに書き込む

授業の教科書やワークシート、楽譜をテレビに映して解説する・書き込む

スライドをキーノートでテレビに映し出して授業を進める

映像や曲をタブレットから流す(Bluetoothスピーカーに接続)

教科書や楽譜、CD、DVD、PCを準備してやっていたことがiPad1台で代用できてしまうのは本当に助かります!

キビキビ先生
ほぼiPadで授業が進められる感じで最高!

 

そして言うまでもありませんが、iPadはプライベートでも大活躍。

  • 動画や映画見たり
  • ブログを更新したり
  • 本読んだり
  • 買い物したり
  • 調べ物をしたり
  • スマート家電を操ったり

コギト先生
私生活も、仕事も、どちらのパフォーマンスも上げてくれますよ!

 

今回は以上です!

 

 

↓音楽教員がiPadを買ったら手に入れたいアクセサリ・周辺機器についてはこちら

 

↓音楽教員用の音にこだわったBluetoothスピーカーの紹介です。iPadと合わせて準備したい超便利アイテムです。

 

 

仲間に知らせよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です