【iPad授業で使ってる?】GarageBandアプリを音楽の授業で活用しよう!(使い方とメリット紹介)

 

コギト先生
コロナ禍で歌やリコーダー、鍵盤ハーモニカの活動ができなくなってしまいました(泣)
新米教員
音楽の授業、何やればいいのさ…。

 

私の学校、

コロナウィルスによる緊急事態宣言が出されて、

歌・リコーダー・鍵盤ハーモニカの活動は中止になってしまいました。

 

かといっても音楽の授業がなくなるわけではないので、

鑑賞や、管楽器以外の器楽、創作などの活動で乗り切らなくてはなりません。

 

この難局を私コギトは、iPadを活用して乗り切ることに決めました

 

ICT機器を使用した教育が盛んになりつつある今、学校にiPadが導入されている学校も多いとおもいますが、

音楽の授業で使うとなったら、もちろんこのアプリ↓

 

iPadやiPhoneのGarageBandです。みなさん使ったことありますか?

GarageBand

GarageBand

Apple無料posted withアプリーチ

 

iPadやiPhoneに標準でインストールされているこの無料アプリですが、

音楽の演奏や録音を簡単に楽しめる、音楽の授業でかなり使い道があるツールです。

コギト先生
演奏の擬似体験ができたり、音を重ねて一人で簡単に作曲できたりするんです!今回頑張って授業で使いこなしてみました!

 

今回の記事では、

GarageBandアプリ(iOS版←iPadにインストールされているもの)は
どんな点で音楽の授業で便利なのか

について解説したいと思います。

また、

GarageBand初心者向け、これだけ覚えておけば大丈夫な使い方

も解説します!

 

この記事をオススメする人
  • コロナで歌やリコーダーができなくて授業に困っている人
  • 授業でiPadを使ってみたいけどまだ手が出せていない人
  • 創作の授業のネタに困っている人

 

GarageBandを使った音楽の授業の良いところは以下の点。

 

iPadを使った授業のメリット
  • 生徒の授業への食いつきがiPad使うだけで格段に良くなる
  • 直感的にいろんな楽器の擬似演奏ができる
  • 楽譜や演奏スキルがなくても音楽の創作ができる
  • 創作したものの再現(演奏)が簡単(再生ボタン押すだけ)
  • コロナ禍の授業でも使える

 

このメリットだけみても、

GarageBandの活用の可能性を感じてしまいます。

 

特に創作の単元に関しては、

「ICT機器を活用しないと無理じゃない?」と思えるくらい創作のハードルが下がります。

キビキビ先生
確かに創作って楽譜書かなきゃだったり、演奏しなきゃわからなかったり、創作以外の部分でのハードルが上がっちゃうもんね。

 

 

ICT苦手音楽教員
私にもできるかしら?機械オンチなの。歌はオンチじゃないけど。
コギト先生
この記事を呼んでGarageBandを1回いじってみてください!結構簡単に使えますよ!

 

最後のまとめでは、

「3分半でわかる、GarageBandの使い方」動画も用意していますので、是非最後までご覧ください!

ではいきます!

 

 

GarageBand(iOS版)でできること

 

コギト先生
音楽の授業で便利なのはこんな点です!

 

GarageBandでできること
  1. 直感的にいろいろな楽器の演奏ができる
  2. 実際に演奏しながら録音が簡単にできる
  3. 録音した音の編集・修正が簡単
  4. 一つずつ音を打ち込んで曲を作ることもできる

 

単に演奏するだけなら、すぐに生徒たちも使えるようになると思いますし、

 

録音や編集をするときに楽譜が出てこないので、

楽譜わからない!という生徒にも視覚的にわかりやすく創作を進めることができるのがとってもやりやすいです。

 

 

①直感的にいろいろな楽器の演奏ができる

 

色々な楽器をiPadさえあれば演奏することができるのは便利。

  • 鑑賞や音楽理論の学習でワンフレーズを鍵盤で生徒に弾かせてみたいとき
  • 楽器の音色や奏法について簡単に確認できる
  • 楽器の予備練習に最適

 

音楽の鑑賞に出てくるフレーズをちょっと鍵盤で弾かせて理解させたい、と思う時がよくあります。

いちいち楽器を人数分準備するのも大変ですが、iPadが用意できれば簡単に弾いてみることができます。

 

また、ギターやドラム、ストリングスに民族楽器まで様々な楽器の演奏が擬似的に体験できるので、楽器自体の学習にも一役買います

 

 

●和楽器「箏」の演奏もできる!

 

中学校で必修の「和楽器」ですが、

GarageBandでは琴の音色も無料でダウンロードできます!

 

琴を授業で一人1台用意するのは難しいので、練習は生徒数名に1台という形で行っている学校が多いと思います。

GarageBandを使えば、実物の琴を使っていない待ちの生徒にはiPadで練習させたり、

音取りがしっかりできているかどうか、

iPad上で演奏したものをAirDropで先生に提出させて評価する、

ということもできそうなので、和楽器で琴を行う中学校ではGarageBandはとても便利なツールになりますね!

 

ダウンロードする方法は、

楽器の種類を選ぶ画面から「その他のサウンド」を選択し、

「日本の伝統楽器」を選択して「入手」をタップするとダウンロードできます。→「完了」をタップ。

楽器の一覧に「koto」が追加されるのでタップすれば使えますよ!

 

その他、Drumのセットの中には「Taiko Drums」という和太鼓の音源もあります。

 

コギト先生
もちろん本物を演奏することは大事です。その上で、用意できない種類の楽器(締め太鼓や鉦など)について学習したり、待ち時間に予備練習させるには良いツールになります。

 

 

②実際に演奏しながら録音が簡単にできる

 

ピアノなどの鍵盤楽器なら、タブレット上の鍵盤を本物と同様に弾きながら

ドラムでもタブレット上に映し出されるドラムセットを実際に叩きながら

録音をすることができます(「リアルタイム録音」と呼んだりします)

 

赤い丸の「録音(REC)」ボタンを押すと、カウントが1小節分あり、その後録音になります。

 

③録音した音の編集・修正が簡単

 

演奏した後に編集ができるので、

  • 間違えた音を消したり
  • 音の伸ばす長さを変えたり
  • 一部分をカットしたり、
  • 部分を切り取ってコピーしてはりつけたり

このような編集が簡単にできます。

 

④一つずつ音を打ち込んで曲を作ることもできる

↑ドラムの打ち込み画面(16ビートにしてみました)。表を埋めていくように打ち込みができます。

 

ドラムなどの録音はリアルタイムで録音するのが難しいので、

一つずつ音を打ち込む(ステップ入力といいます)ことができます。

コギト先生
演奏の技術がなくてもコツコツ作っていけるし、音の重なりとかつながりも目に見えてわかりやすいです!

 

 

まとめ(これだけ覚えれば大丈夫、使い方動画解説)

コギト先生
ここまで解説した使い方のまとめを動画にしてみました!

音楽教員用に作成した、「3分半でわかるGarageBandの使い方動画」です。

 

 

コギト先生
この記事と動画で少し理解したら、あとは実際に触ってみると使いこなせるようになっていきますよ!

 

 

というわけで

音楽の先生もICT機器を使いこなさなければいけない時代。

新米教員
これからは音楽の先生はICTにも強くならなきゃってことか…。

 

ただでさえやろうとしていたことができなるなりがちな今年の音楽の授業。

音楽の先生はみなさん大変ですよね!

 

でも、

これを積極的な機会と捉えた方が良いと私自身は思っています。

この機会に思い切ってGarageBandの使いこなせるようにしておくと、

特に創作の授業では役にたつと思いますよ!

 

↓GarageBandを使った「校歌にドラムパートを創作しよう」という授業の紹介記事を元作曲専攻卒のコギトが解説しています!

iPadを使って音楽授業「ドラムを創作しよう」①準備編 小中学校向け音楽授業ネタ(コロナ禍でもできる)

iPadを使って音楽授業「GarageBandでドラムを創作しよう」②授業編 小中学校向け音楽授業ネタ(コロナ禍でもできる)

 

 

GarageBand、是非触ってみてください!

感想やわかりにくいところなどありましたら遠慮なくコメントいただけると嬉しいです!

 

では今回は以上です!

 

 

仲間に知らせよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

コギト@音楽教師歴15年・ピアノ歴20年以上。30代で アマチュアコンクールで全国入賞、国立大学の附属学校で死ぬほど研究&教育実習を担当。作曲編曲も得意で伴奏アレンジや合唱、合奏編曲もやります! 音楽の授業をクリエイティブに。アレクサンダーテクニーク(AT)指導者資格あり。音楽指導のネタやコツを発信。