noteにわかりやすい教えやすい教材を用意!

iPadで音楽授業「ドラムを創作しよう」①準備編 GarageBand授業ネタ(コロナ禍でもできる)

コギト先生
iPadのGarageBandを使って創作の授業を実際にやってみました

コロナ禍で歌が×、という学校もまだ多いのではないでしょうか。

そんな中、iPadはコロナ禍の音楽の授業の救世主かもしれません。

GarageBandというアプリ、

GarageBand

GarageBand

Apple無料posted withアプリーチ

GarageBandを使うと、

iPadのGarageBandを使った授業のメリット
  • 生徒の授業への食いつきが格段に良い
  • 直感的にいろんな楽器の擬似演奏ができる
  • 楽譜や演奏スキルがなくても音楽の創作ができる
  • 創作したものの再現(演奏)が簡単(再生ボタン押すだけ)
  • コロナ禍の授業でも問題なく使える

こんなメリットがあります。

コギト先生
機器の操作が楽しいので、いろいろな制限がある音楽の授業でも結構時間がもたせられますよ!

詳しいメリットや簡単な使いかたについては以下の記事を参考にしてください↓↓

GarageBandを音楽の授業での使い方とメリット紹介

そして今回の記事では、

「校歌にドラムを創作しよう!」という題材の授業を,

元作曲専攻、高校時代はバンドで打ち込みもやっていたコギトが、

紹介します。

このテキトーに作った校歌で解説します。

校歌のメロディだけを録音したものに生徒がドラムパートをつけただけで、

うまくいくと仕上がりはこんな感じになります。

男子
おー、バンドみたい!ドコドコやってるとこカッコいー!!

ポップスに興味のある生徒は食いつきそうな課題ですね!

新米教員
こんなの生徒に作らせられるかしら…。

こんな風に不安に思われるかたもいるかもしれませんが、大丈夫。

↑GarageBandの打ち込みで創作をすると、結構適当にやってもそれなりになるのが助かる。

今回は上のような創作を授業で行うための

「教材の準備」について解説します。

コギト先生

↓この動画で簡単に使い方を知ってから記事を読むと理解が速いです。

では解説していきます!

歌のパートを打ち込んで教材の準備

生徒が作る部分は校歌の「ドラムパート」です。

歌のパートを先生の方で打ち込んでおくことがやるべき準備になります。

この準備をしておき、

歌のパートを打ち込んだ「プロジェクトファイル」(編集用のデータ)を生徒にAirDropという機能で配布すれば、

生徒は歌パートが打ち込まれている状態からドラムパートを創作できます

プロジェクトファイルを作る

まずは「このiPad内」を選んで、「GarageBand」をタップします。

(iPadの中にデータを保存することになります)

「書類を作成」を押すと、新しいプロジェクトファイル(曲のデータ)を作っていくことができます。

楽器を選ぶ(後から変更可能)

この画面で楽器を選ぶことができます。

とりあえずここでは無難にキーボードを。

「ソングセクション」を作って曲の長さを決めておく

コギト先生
この辺が少しややこしいところなのでGarageBand初心者の方は飛ばさずに読んでください!

GarageBandでの録音は基本的に、細切れに行うというスタンスです(ここ大事)

例えば私の作った校歌の場合、

前奏4小節

歌前半8小節

歌後半8小節

という曲の構成なので、

セクションA 4小節

セクションB 8小節

セクションC 8小節

という風に曲の全体を部門ごとに区切って考えるのが「ソングセクション」の考え方。

コギト先生
曲に「練習番号」をつける感覚に近いです!

細切れにしておくと、セクションBだけ録音し直し、という部分的な編集がやりやすいという良いところがあります。

↑小節のタイムラインの右端の「+」のマークをタップすると「ソングセクション」がいじれます。

  • セクションを追加したり(「追加」をタップ)
  • セクションの小節数を変えたり(「ⓘ」をタップして変更)
  • セクションの順番を変えたり、消したり(「編集」をタップするとできます)

これを使って、セクションを最初に作ってしまいましょう。

セクションを決めたら、

録音・編集したいセクションを選んで、セクション欄以外の場所をタップすると、

選んだセクションの録音・編集ができるようになります

基本的には選んでいるセクションの部分しか録音編集できませんが、

ソングセクション欄で「すべてのセクション」を選択すると、

曲全体の録音もできるようになります。

コギト先生
とりあえずこの部分の操作を動画で!

楽器を選んで演奏モードにして、校歌の歌パートを録音

ソングセクションを設定したら、

のボタンで楽器を選ぶ画面に戻ります。

キーボードの楽器を選んで校歌の歌パートを録音していきましょう。

実際に歌のパートを演奏できる人はこの画面から「録音ボタン(赤い丸)」を押せば1小節の前カウントが入った後で録音ができます。

今回は「ドラムパートを作る」という課題なので、

録音するのはメロディだけで良いと思います(伴奏などを入れなくても良い)。

ゆっくり録音したい場合拍子が4拍子以外の場合は、

録音前に画面右上の

のマークから

テンポや拍子の変更をしてください。(ゆっくり録音しても後から速くできます)

打ち込み&修正・編集

画面左上の

のマークを押せばタイムラインの画面にうつります。

音の入り方が楽器ごとにわかり、簡易楽譜のようになっていてわかりやすいですね。

「すべてのセクション」を選択していると、上のような表示になります。

セクション分けした部分が区切られて独立しているため、

セクションごとに編集したり、セクションをコピーして繰り返しを作ったり、

削除したりできます。

↑緑のセクションの部分をトントンと2回タップすると、カット、コピー、編集などのコマンドが出てきます。

このコマンドの中の「編集」を押すと、

一つ一つの音を打ち込んだり編集できるモードになります。(ステップ録音)

打ち込み・編集は左上の鉛筆のマークを

この状態に変えると可能になります。

コギト先生
実際に生徒がドラムパートを打ち込む時もこの画面を使うことが多いです!

校歌の録音の修正をしておきましょう。

生徒もドラムパートの創作でこの画面を使うことになるので、

いろいろ触って操作方法について理解しておくと、

生徒に教える時に楽になりますよ

これで準備は完了です。

こんな感じになりました。

まとめ 授業へ向けて

コギト先生
GarageBandの使い方、わかってきましたか?

そんなに難しくなかったのではないかと思いますがいかがですか?

作成できた「校歌のメロディ」データをAirDropで授業中に生徒たちに送信すれば、

そこにドラムパートを生徒がつけていく、という授業ができます

送信の仕方や、授業の流れについては、次の記事で紹介しています↓

授業へ向けて以下のことを確認しておきましょう!

授業にむけて
 iPadとGarageBandの使い方をこの記事で自分が理解できた?

 生徒に渡すデータの準備ができた?

 生徒用iPadとのデータの送受信ができるか?

コギト先生
第1回目の授業では基本的な操作や、データの保存方法などの確認に費やすことになると思います!

iPadを使って編集作業を何時間にも渡って行う場合は、データの保存や管理が結構大変になります。(特にiPadを共有で使っている場合)

生徒にも保存や管理をしっかり教え込んでおくと、授業終わりの自分の手間が減りますので、しっかり計画しておくことをおすすめします。

GarageBandのバージョン違いに注意!

最新のバージョンのGarageBandアプリで曲を作成すると、

古いバージョンのGarageBandで曲のデータが開けないことがあります。

学校に新しいバージョンと古いバージョンの2種類ある場合は、

アプリを最新にする(私の学校の場合は情報担当にお願いしないとできない設定でした)か、

古いバージョンの方で曲を作成する(古いバージョンのデータは新しいバージョンで開けます)

ようにします。

ドラムパートを創作する際の生徒のレディネス(学習の準備性)ですが、

いきなりドラムパートと言われても、

男子
ドラムって…、どうやって叩くの?

基本的な知識がない生徒もいるので、

iPadで編集を始める前に、ドラムの学習として、

ドラムの8ビートの叩き方、フィルインのパターンなどを手と足を使って学習することを、

創作の予備学習としてやっておくと良いかもしれません。

役に立つ動画がありましたので参考にしてください。

参考になれば幸いです!

わからないことがあれば、コメントやTwitter等で聞いてくださいね!

創作の授業について知りたい方はこちらの記事も参考にしてください

↓創作の授業ネタもダウンロードできます

小学校5、6年生用の創作の教材もあります!

今回は以上です!

仲間に知らせよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です