noteにわかりやすい教えやすい教材を用意!

iPadで音楽授業「ドラムを創作しよう」②授業編 GarageBand授業ネタ(コロナ禍でもできる)

 

前回の記事

に続く、今回は

授業「iPadでドラムを創作しよう」②「授業編」としてお読みください!

 

↑「校歌のメロディーにドラムパートをつける」という授業。出来上がりはこんな感じに。

 

キビキビ先生
iPadは生徒も興味津々で、操作に集中してくれるから良い!
コギト先生
最初は少し大変だけど、授業が軌道に乗れば先生は楽できますよ!

 

今回の記事では、

今回の記事内容
  • GarageBandで創作する前に生徒に教えておくべき事
  • 実際の授業の流れのモデルプラン

について解説します!

コギト先生
記事を書いたブログオーナーのコギトは、大学では作曲を学び、昔はバンドで打ち込みもしていましたのでこういう授業は得意です!

 

実際の創作に入る前にはこんなことを学習してから臨むのが良い、と実際に授業をやってみてわかりました。

この授業の前に
  • GarageBandの基本的な操作方法をていねいに学習
  • ドラムの基本知識(8ビート・フィルインなど)を学習

 

実際に創作の授業を行う時に注意することは以下です。

ポイント
  • iPadを使った授業にはトラブルがある!対策を考えておくこと
  • 準備や片付けには一定の時間を取ること

 

これらを実際の授業計画を紹介しながら、見ていきたいと思います!

 

 

授業のすすめかたモデルプラン

コギト先生
自分はこんな計画で授業をすすめています!

 

単元の流れ

1時間目:GarageBandの操作を触って覚える

2時間目:ドラムパートを作るための予備知識

3時間目:初めての創作(準備と片付けのルールを確認しておく)

4時間目〜:ひたすら創作の時間(生徒の「こうしたい」のサポートに徹する)

単元のまとめ:成果物を披露・課題提出

 

授業1時間目:GarageBandの操作を触って覚える

1時間目は創作の単元の導入になりますが、

導入なんて、iPadがあれば怖いものなし

コギト先生
今日からiPadやるよー。
みんな
わーい!

つかみはOKです(笑)。

 

この単元の最終ゴール「校歌にドラムパートを創作する」ということを伝えたあと、

もしデモ音源(「先生が簡単につくってみた」というもの)があれば聴かせます。

キビキビ先生
iPadの使い方を確認しがてら作ってみるといいわね!

 

校歌のメロディだけ打ち込んだものを聴くとなんだか普通ですが↓

ドラムが入ると急に生き生きした音楽になるので↓

「自分もドラムパート作ってみたい」とモチベーションもアップしますよ。

 

でも作り始めるのはだ早い。

この時間のメインはとにかく「基本的なGarageBandの操作を覚える」こと。

ここをおろそかにすると、

実際に創作を開始した後に、あちこちからの質問責めをくらってしまい、大変なことになります。

コギト先生
操作の基本は時間をしっかり取って押さえておきましょう!

 

私が第1時間目の授業で確認したのはこんなこと。

 

第1時間目に学習すること

①楽器の選び方と演奏の仕方

②録音の仕方、再生、小節のカーソルの動かし方

③タイムライン(編集画面)の開き方と編集のしかた

④打ち込みの仕方

⑤データ保管の方法

楽器の選択、録音、再生、タイムラインの開き方

コギト先生
画面で説明します↓

①は楽器を選ぶボタンなので、これを押すと楽器を選ぶ画面にいけます。

創作が始まってしまえばあまり使わないボタンですね。

 

②は実際に弾いて録音する場合のボタンとカーソルになります(打ち込みで創作する今回の授業ではあまり使いません)

 

③のボタン

を押すと、タイムラインの画面に飛びます。(何も録音されていない場合、このボタンは出なかったりするので、このボタンを出すためには一度音を適当に録音してみてください)

コギト先生
このタイムラインに飛ぶ操作をしっかり覚えさせましょう。

 

タイムラインの操作方法

↓がタイムラインの画面。タイムライン上をダブルタップすると、

「カット」「コピー」「編集」などの操作が表示されるので、編集作業ができます。

また、録音がされていない部分(緑でない部分)をタップして「編集」を選ぶと、打ち込みを開始することもできます(次で説明します)。

 

編集の画面(打ち込みの画面)

編集を選ぶと、

編集の画面に飛びます。

 

左上の鉛筆マークをスライドさせて、赤くすれば編集することができます。

 

緑の四角が打ち込んである音です。

空白をタップすることで音が打ち込まれていき

もう一度タップすると消えます。長さを変えたり、音の出るタイミングをずらしたりもできます。

 

コギト先生
よくわからない方は下の動画で確認してみてください!

 

曲の保管と共有の方法

コギト先生
生徒の作成したものを提出させたい場合などは以下の方法「AirDrop」で!

 

画面左上のMY SONG(または「白い紙」のアイコン)をタップすると上のような画面になり、編集する曲を選んだり、ファイルを共有(送信したりできます)

授業の最後に先生にデータを送信する場合などは、ここから「共有」をタップして、AirDropで送信させます。

 

以上、授業1時間目で押さえておきたい操作方法でした。

 

新米教員
結構教えることあるわね…。
コギト先生
実際にやりながら説明すればそんなに時間かからないですし、生徒もiPad触っているうちは飽きないですよ〜。

 

授業2時間目:ドラムパートを作るための予備知識を教える

GarageBandの基本的な操作方法を覚えたところで、

さあ創作作業といきたいところですが、もう一つ学習すべきことがあります。

 

男子
ていうか、ドラムってどうやってたたくの?8ビートって何?

という生徒も少なくないはずです。

 

この授業で実際にドラムを叩くことはなくても

  • ドラムセットの中の楽器の種類と名前(ハイハット、バスドラム、スネアドラム、タムタムなど)
  • 8ビートとは?何の楽器をどのタイミングでたたく?
  • フィルインとは?どんなパターンがある?

このようなことを学習しておく必要がありますね。

 

コギト先生
よく思うんだけど、創作というのはまず型をしっかり学んでからじゃないと難しいです。ただただ「自由に!」だと絶対うまくいきません。

 

というわけで、ドラムについての基礎知識は必要不可欠。

「楽器の知識を得る」という意味では立派な音楽の勉強なので、楽しんで学習できれば良いですね。

以下、私の教えた内容を参考にしてみてください。

 

8ビートの基本

↓この動画が結構わかりやすかったので見せれば大体わかります。

 

↑まずはこの8ビートの基本系を理解して、ボディーパーカッションなどで生徒と練習してみましょう。

 

クィーンの『We will Rock you』はバスドラムとスネアの関係がわかりやすいですね。

 

 

そしてこの基本形

これをGarageBandで打ち込むと、

こんな感じで楽譜と表を合わせたような表示になりますので、

実際に打ち込んでみると良いです。

直感的にわかりやすい表示になりますね。

キビキビ先生
楽譜が苦手な子もこれなら大丈夫ね。

 

表の縦列が楽器の種類

表の横列が時間の流れになります。

 

この基本形

 

  • ハイハットは8分で刻んで(1、2、3、4、5、6、7、8)
  • バスドラムは1と5のタイミングで基本入れる
  • スネアドラムは3と7のタイミングで基本入れる

を覚えておけばあとは、

  • ハイハットを裏打ち(1、3、5、7を入れない)にしたり
  • バスドラムを足したり(6とか8に入れたりする)
  • スネアドラムを無くしてみたり、前打音を入れてみたり
  • 1や5のあたりで他のシンバルを使ったり

 

こういう工夫を加えて、生徒が自分なりの8ビートのパターンを作れるようになると思います。

 

コギト先生
説明をする時は、GarageBandをテレビに映し出して実際に打ち込むところを見せると、わかりやすくなります!

 

↓iPadの画面をテレビに映し出すには、このアダプタとHDMIケーブルがあれば簡単です(Appleの純正品を使用することをおすすめします)

created by Rinker
Apple(アップル)
¥6,238 (2021/07/22 20:34:17時点 Amazon調べ-詳細)
↑必ず純正品を買ったほうが良いです

created by Rinker
Amazonベーシック(AmazonBasics)
¥854 (2021/07/23 17:40:16時点 Amazon調べ-詳細)
↑Amazonのケーブル。安いです。

 

フィルイン

基本形を理解できたら、

次はフィルインについても説明しておきましょう。

キビキビ先生
「オカズ」とも呼ぶやつね!

 

サビが始まる前にドラムが基本パターンから離れてドコドコと盛り上げるあの部分が「フィルイン」。

フィルインを実際のドラムで叩かせるのは難しく、音楽が崩壊しがちですが、

打ち込みは全くそういう心配がないのが良いところ。

 

↑現実の演奏では無理なレベルで音をメチャクチャに詰め込みまくって打ち込んでみましたが、それでも全然聴ける。

 

打ち込みは演奏するタイミングがある程度固定されているので、

どれだけ適当に打ち込んでもタイミングがハマった打ち込みになります。

これがGarageBandの打ち込みでドラムパートを創作する良いところです。

新米教員
めちゃくちゃやっても何となくカタチになっちゃうとは…。音楽苦手な子にもハードルが下がってうれしいっ。

 

その他、ドラム創作の参考になりそうなものに、こんなおもしろ動画もありました。

ゆるキャラがドラムを叩くというこの動画。

最初はゆるキャラらしくかわいい8ビートから始まるのですが、だんだんとすごいことに…。

他のパートは変わらなくても、ドラムパターンが変わると曲の印象がずいぶん変わることがわかると思います。

コギト先生
動画タイトルを紹介するだけでも生徒盛り上がってました。

 

 

授業3時間目:初めての創作(準備と片付けのルールを確認しておく)

3時間目は、ついに創作を始めます

 

初回は、かなりの確率でiPadの使用でトラブルがあると思います。

私も

  • iPadのバージョンが古くて曲が開けない
  • AirDropの送受信ができない

など、いろいろアタフタとしてまいました…。

 

  • 必要台数より少し多めのiPadを準備しておく
  • 授業で扱う操作一通りのことが生徒用のiPadでできるのか試しておく

このような対策をしておきましょう。

 

創作のデータを生徒へ配布

まずは教員の方でつくっておいた、

校歌のメロディだけ入ったプロジェクトファイルを生徒全員に送信します(AirDrop)。

 

方法は以下です。

 

先生(送信する)側の操作

○曲のデータのアイコンを長押しして「共有」をタップ。

「共有」は↓のようなマークで表示されている場合もあります(iPadのバージョンによって表示が違います)

 

○「曲の送信」と出たら(出ない場合もあります)「プロジェクト」をタップ。

 

○送信できる相手が表示されるので、相手のアイコンをタップすると、送信できます。

 

生徒(受信する)側の操作

データを受け入れる側では、「受け入れる」かどうか表示がでるので、

「受け入れる」をタップして、続いて「GarageBandで開く」ことを選択します。

 

これで、創作の準備は完了です。

 

コギト先生
生徒に作品を提出させたい時は、生徒が送信、先生が受信すればいいわけです。

 

ドラムパートを作ってみる

この後は実際にドラムパートを打ち込んでみます。

 

まずは、ハイハットシンバルを1小節に8つ打ち込んでみる(刻み)、とか、

バスドラムを1拍目と3拍目に入れてみる、など、

全員が同じものを作ってみると、ちゃんと生徒が操作ができているかわかります。

 

先ほど紹介した


↑これを一旦全員に打ち込ませてみたりしましょう。

 

生徒がしっかり操作できていれば、創作開始。

 

8ビートの基本形を自分で1小節作ってみて、先生に見せに来る。

その辺りから創作をスタートしてみると良いです。

コギト先生
先生があちこちに呼ばれると大変なので、質問や見せにくる生徒は先生のところまで来る、みたいなルールを決めておくのがオススメです。

 

初回は時間に余裕をもって終わる

最初の時間は準備と片付けも肝心

先生も生徒もiPadの扱いに慣れていないので、準備や片付けはバタバタになります。

 

次回からの授業がスムーズにできるように、

創作の最初の授業で生徒に「準備片付け」のルールを教え込んでおきましょう。

新米教員
授業終わるのが遅くなったり、生徒全員のiPadの後片付けとかするの嫌だもんね…

 

コギト先生
生徒個人にiPadが配られている学校は特に問題ありませんが、毎回授業で貸し出し返却する学校は、「最後電源を落とすのか落とさないのか」など、準備片付けのルールと手順をしっかり教え込みましょう!

 

次の授業で同じiPadを同じ生徒に使わせてあげることができない場合、授業終わりに編集したデータをどこかに保存しておく必要があります。

  • 生徒が使える共有サーバーに保存させる
  • AirDropで先生のiPadに送信させて、保管させておく

 

私はAirDropで送信させる方法を取っていました。(バックアップ目的)

その場合は創作したそれぞれのデータの名前を「生徒名」に変えておくことを忘れずに!(どれが誰のデータかわからなくなります)

 

授業4時間目〜:ひたすら創作の時間(生徒の「こうしたい」のサポート)

コギト先生
創作が軌道に乗って楽になります。飛んでくる質問の球を次々打ち返すだけ。

授業が軌道に乗り、生徒が自分で打ち込みを始めたら、

あとは

男子
えー、タターンタってリズムはどうやってうちこむの?
男子
これどうやって元に戻すんですかー!?

という生徒の質問アンド発言に次々に対応していって、創作のサポートにまわります。

 

生徒の質問に全て答えている時間がないので、

わからない事があったらすぐに聞くのではなくてまずは自分でいろいろ試してみる、とか、チーム組んで教え合うっていう風に指示しておくのも良いやり方ですね。

 

そして

創作の時間はなるべく多くとってあげたいですね。

コギト先生
私も作曲の専攻だったのでわかりますが、創作は基本的に○時間でできる、といったものではないはず

 

とはいえ、限られた授業数である程度の完成をさせ、評価もしなければならないので、

各生徒の進み具合を確認するためにこんな方法を取っていました。

  1. まずは基本の8ビート、16ビートなどを1小節作って先生に見せる
  2. OKもらったら基本の1小節をコピーしてセクション(8小節とか)全体にペーストする
  3. 次のセクションの基本形を1小節作る→先生に見せる→コピー、の繰り返し
  4. 全体が一旦完成
  5. 小節頭の音にシンバルをつけたり、フィルインをつける部分を考えたりして装飾
  6. 完成したら教員に見せる

↑以上のような簡単な流れを示してあげると、

 

男子

イントロできなくて悩んでたら今日で提出〆切かよ…!

みたいな生徒がいそうな時にも定期的に進度をチェックできるのでオススメ。

 

コギト先生
「今日で最低Bのセクションまでは創作しようー、まだできてない人どのくらいいる?手を挙げて」と全体の創作具合を確認するのも良いと思います。

 

それでも、

 

  • 全く進まなくて時間が足りなくなる生徒
  • どんどん進められて、早く出来上がって時間が余る生徒

がでてくることかと思います。

対処法としては、

  • 最低ラインを決めておく(曲の1番まで完成、フィルインを1箇所必ずいれる、など)
  • 追加の課題(曲全部完成、ドラムのイントロを考える、間奏でドラムソロを入れてみる、など)
コギト先生
最低ラインを決めておくと、評価もしやすいですし、時間が余った子は全曲完成+αを目指せば良いです。

 

単元のまとめ:創作を聴き合う・課題提出

コギト先生
創作が終わったら、グループやクラスでできたものを聴き合います。

他の人がどんなものを作ったか、生徒は興味津々です。

 

自分も同じ条件で創作をしているので、自分が作ったものと比べる事ができることは、

「聴き合う」という鑑賞活動の質を高めてくれるはずです。

コギト先生
この時間も結構大事な授業のプロセス。じっくり聴きあいしたいですね。

 

自分の作ったものを他の人にむけて発表するのはとてもドキドキしますよね。

昔、私が作曲を学んでいた時の先生が、

作曲の先生
自分が創作したものを人に聴かせるのって、自分の日記見せてるみたいな感覚がある。

と言っていたことを思い出します。

 

そういう体験をする、という事だけでも、とても良い経験になりますよね。

コギト先生
これからの時代は「発信」が大事、とよく言われているので、表現すること、発信すること、に慣れさせる意味でも良い活動ですね。

 

 

まとめ GarageBandは創作の授業に大活躍する!

 

iPadのGarageBandを使って「校歌のドラムパートを創作する」授業を紹介しました。

興味をもっていただけましたでしょうか。

 

音楽の先生といえども、作曲や編曲をしたことのある先生はわずかだと思います。

創作の授業を行うことに気後れしてしまいそう。

こんな先生も多いのではないでしょうか。

 

コギト先生
iPad使えばかなり簡単に創作の授業がすすむな、と実感しました!これからもたくさん使いたい!

 

GarageBandを使えば、

楽譜がわからなくても創作が直感的にできますし、

作ったものがすぐに音にできるので、

創作の授業で大活躍。

先生が教えるのもとても楽になります。

 

コギト先生
是非活用してくださいね1

 

関連記事です↓

 

今回は以上です!

 

 

 

仲間に知らせよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUT US

コギト先生
コギト@音楽教師歴15年・ピアノ歴20年以上。30代で アマチュアコンクールで全国入賞、国立大学の附属学校で死ぬほど研究&教育実習を担当。作曲編曲も得意で伴奏アレンジや合唱、合奏編曲もやります! 音楽の授業をクリエイティブに。アレクサンダーテクニーク(AT)指導者資格あり。音楽指導のネタやコツを発信。