教材準備を時短できる!おもしろ授業ネタをダウンロード!

【わかりやすい!】「ます」第四楽章を完全解説!(ピアノ五重奏曲/シューベルト)

  • 変奏曲ってどんな曲なの?
  • ますの第四楽章の曲を細かく解説してほしい

この記事では、ピアノ五重奏曲「ます」の第四楽章を元作曲専攻のコギトが徹底解説します!

この曲は小学校の音楽の鑑賞教材でもよく使われています。

  • ピアノ五重奏「ます」ってどんな曲?
  • 変奏曲とは?
  • 「ます」第四楽章の各変奏について

を詳しく解説します。

コギト先生
演奏会でこの曲を聴いたり演奏する、また、音楽の授業で教える予習に

是非ご覧ください!

この曲の教材セットあります!

この曲を音楽の授業で教える際の「スライド」や「ワークシート」を全部揃えた教材セットがnoteからダウンロードできます!

有料ですが、

  • 音付きスライドで難しい説明もスムーズにできる
  • 教材準備の時間が圧倒的に時短になる

ちゃんと授業したいのに時間のない先生にぴったりです!

以下のリンクから中身をご覧ください!

こどもも納得の授業に!

この教材の内容をチェックする

音楽授業のネタ仕事術をブログやnoteTwitterで発信中です!

ピアノ五重奏「ます」とは?

コギト先生
まずはピアノ五重奏ってなに?というところから解説していきます!

ピアノ五重奏とは

ピアノ五重奏とは多くの場合、

  • 第一ヴァイオリン
  • 第二ヴァイオリン
  • ヴィオラ
  • チェロ
  • ピアノ

の五人で演奏されます。(管楽器などで編成したピアノ五重奏もあります)

このオーソドックスな編成のピアノ五重奏の名曲には「ブラームスのピアノ五重奏曲 へ短調」や「ドヴォルザークのピアノ五重奏曲 イ長調」などがあります。

今回のシューベルトのピアノ五重奏「ます」は変則的な編成で、

ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロ・コントラバス・ピアノの五人で演奏されます。

ピアノ五重奏「ます」とは

なぜこのピアノ五重奏が「ます」と呼ばれているのでしょうか?

シューベルトが作曲した「ます」という歌曲の旋律が使われているからです↓

ピアノ五重奏曲「ます」は第一〜第五楽章までありますが、歌曲「ます」の旋律が使われているのは「第四楽章」だけです。

ピアノ五重奏曲「ます」の楽章構成

第一楽章:アレグロ・ヴィヴァーチェ Allegro vivace イ長調

第二楽章:アンダンテ Andante へ長調

第三楽章:プレスト(スケルツォ) Presto イ長調

第四楽章:アンダンティーノ Andantino 二長調

第五楽章:アレグロ・ジュスト Allegro giusto イ長調

変奏曲とは?

ピアノ五重奏「ます」の第四楽章は「変奏曲」の形式で書かれた曲です。

変奏曲とは、元となるメロディ(主題)を繰り返すなかで、旋律を装飾したり、リズム・和音・調・拍子を変えるなど様々に変形させながらすすむ曲のこと。

最も有名な変奏曲といえばモーツァルト作曲のピアノ曲「きらきら星変奏曲」でしょう。

固定された要素(主題)の安定性や制限のなかで、どのくらいの自由な変化をさせ音楽を豊かに展開できるか、というところが作曲家の腕の見せどころです。

メロディや和音は一緒なのに、こんなに雰囲気が違う!おもしろいしかっこいい!

こんな曲作りを目指すわけです。

ピアノ五重奏「ます」第四楽章の解説

ここからはピアノ五重奏「ます」第四楽章の変奏曲について解説していきます。

↓全曲聴いて見たい方はこちらの動画をご覧ください。カメラワークがしっかりしていて試聴しやすい動画ですね。

コギト先生
以下の解説では上の動画を各変奏頭出しで貼ってありますので、是非聴きながら読んでみてください!

主題(テーマ)

主題の部分の目的は言うまでもなく「主題を明確に示すこと」です。

シンプルな伴奏とくっきりとしたメロディで「主題はこれです!」と表現します。

この曲の主題は細かいリズムの変更はありますが、基本的に歌曲「ます」のメロディそのままです。

SCHUBERT ”PIANO QUINTET” OPUS114 /BOOSEY&HAWKES

この旋律はA-Bの二部形式でできていますね(最後の4小説は前の4小説の繰り返しです)

聴き取りやすいように一番音の高いヴァイオリンでメロディを奏で、他の弦楽器が伴奏を担当します。

ピアノが出てこないのですが、それも逆にシャレていて、この後の第一変奏でピアノが潤いのあるオクターブのユニゾンで出てくることで、雰囲気がガラッと変わって、「変奏が始まる!」という切り替わりのようになっています。

コギト先生
さすがシューベルト、絶妙。
↓「主題」の部分から聴く

第1変奏

複数の楽器で演奏される変奏曲の場合、メロディを違う楽器に受け渡す手法は常套手段。

先ほど書いたようにピアノが初めて現れるのがこの第1変奏で、ピアノのオクターブのユニゾンで主題が演奏されます。

コントラバスはピッチカートになりベースに動きがついて躍動的になり、ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロは三人でアルペジオを担当します。このアルペジオは流れる水を表現しているかのようですね。

↓「第一変奏」の部分から聴く

第2変奏

第2変奏では今度はメロディがピアノからヴィオラに受け継がれます。

「合いの手」をピアノが入れたり、ヴァイオリンが対旋律として軽やかなフレーズを背景で演奏していたりして、曲がだんだんと複雑になっていきます。

↓「第2変奏」の部分から聴く

第3変奏

第3変奏ではメロディはチェロとコントラバスの低音弦に移動し、また雰囲気が違った変奏になります。

一つ前の第2変奏では、8分音符の三連符で演奏されていたヴァイオリンの軽やかな対旋律は今度はピアノにバトンタッチされて、すこし細かく(速く)なった16分音符で演奏されます。

メロディの低音とピアノの高音が良いコントラストになっていますね。

↓「第3変奏」の部分から聴く

第4変奏

第4変奏では劇的に曲の雰囲気が変化します。長調だった曲が短調になるからですね。

主題のメロディも少し崩されています。

短調で激しい川の水流が表現されたような音楽が始まったかとおもったら、今度は同じ音型を使いながらも長調にもどって軽やかな曲想になります。これが代わるがわるに交代で演奏されて、最もコントラストの効いた変奏になっています。

曲の一番のピークもこの変奏ですね。

↓「第4変奏」の部分から聴く

第5変奏

第5変奏は今までレ(ニ)の音を主音とした二長調(第4変奏は二短調)できていた曲が変ロ長調に転調して「別世界」のような雰囲気を醸しています。

主題をもとにしながらも大人な感じにメロディを変化させて、陰りのある?アンニュイな?美しい旋律を奏でます。

第4変奏の激しい音楽からこの変奏への移り変わりはとても振れ幅が大きく、飽きさせませんね。

↓「第5変奏」の部分から聴く

第6変奏(コーダ)

第6変奏は最後の変奏。一般的な変奏曲の場合、コーダ(終結部)にあたる変奏はクライマックスで盛り上げることが多いのですが、この曲の場合は伴奏にもともとの歌曲「ます」のピアノ伴奏を用いて、かなりあっさりと終わっています。

その理由は、この変奏曲が、五楽章あるピアノ五重奏の4番目の曲であり、この曲で盛り上げる必要がない(第五楽章でオチをつければいいから)からではないかと思います。この曲で盛り上げまくって壮大な最後を形づくってしまったら、第五楽章の立場がなくなりますからね。

ヴァイオリンとチェロがかわるがわるに旋律を演奏し、雰囲気としては「○○でしたとさ」という後日談のような仕上がりになっているところがキュートです。

↓「第6変奏(コーダ)」の部分から聴く

ピアノ五重奏「ます」第四楽章は変奏曲の名曲!

変奏曲である、ピアノ五重奏「ます」の第四楽章は美しい旋律から始まり、多彩な変化を見せる、変奏曲の名曲です。

天才シューベルトがなんと22歳で書いたことの曲の変奏の工夫に耳を澄ませてみると「同じ主題でもこんなにいろいろなことができるのか」という発見があります。

今回の記事を参考にしながら聴いて見てくださいね。

この曲の教材セットあります!

小学校でピアノ五重奏「ます」第四楽章の鑑賞の授業を行うための教材セットを作成しました!

今回解説していた内容が

  • わかりやすい音付きのスライド(PowerPoint・keynoteデータ)
  • ワークシート(Word・PDF)

でダウンロードできちゃいます!

有料で安くはないのですが、研究授業で出しても遜色ないくらい作り込んでいます。

この教材をアレンジして使えば、自分用のおもしろ授業準備がすぐにできちゃいますよ。

↓記事内で、教材の作り方の工夫も見られるので、是非チェックしてみてください!

こどもも納得の授業に!

この教材の内容をチェックする

今回は以上です!

   

仲間に知らせよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US
コギト先生
音楽教師歴18年。鑑賞・創作・器楽合奏授業が得意。伴奏アレンジや合唱、合奏編曲もできます!国立大学の附属学校で研究主任&教育実習など経験あり。大好きな教材づくりで全国の音楽の先生の役に立ちたい。 自分の仕事を全部音楽関係にしたいから教員をやめて独立を考え中。ピアノ歴20年以上。アマチュアコンクールで全国入賞経験あり。温泉とサウナと甘いものと犬猫が好き。