noteにわかりやすい教えやすい教材を用意!

【リズム創作授業ネタ】小学生の音楽(4年生)に出てくる音符カードを作ったからどうぞ

教科書「小学生の音楽 4」の表紙の裏にあるこの写真、

「リズムづくり」という課題で、

同じ教科書のp.18には、

お囃子の旋律をつくる準備として、

「音符カードでリズムを作る」

という課題が設定されています。

新米教員
でもこの音符カード、自分で作らなきゃなのよ…。面倒。指導書にもカードは付属していないし。
コギト先生
そんな小学4年生の音楽を教える先生が便利なように!

音符カードが簡単に作れるようなキットを自作しました!

以下の教材に入っていますので、是非ご覧ください!

↓創作の授業ネタもダウンロードできます

音符カードの紹介と使い方

音符カードをプリントして使う

音符カードはこのように素材があり(読みがついていないカード休符のカードもあります)

これを紙に印刷して、

楽譜の枠(これも印刷できます)に貼り付けて使うことができます。


↑こんな感じではめこんで1小節のリズムをつくることができます。

コギト先生
自分の机の上で切って貼って、工作やパズルのように楽しく活動できます。
新米教員
コロナ禍の音楽授業は時間も余りがち…。これなら時間もたせられる!

音符カードをデータのまま使う

この教材は、

  • Keynoteデータ
  • Powerpointデータ

で音符カードの素材が入っているので、

生徒がiPadを使える環境なら、

「iPadにKeynoteデータを配付してタブレット上でリズムづくり

もできます。

iPad上で操作した実際の画面です。それぞれのカードは一つの画像データになっているので、取扱がしやすいです。

提示用の大きいサイズのデータも用意

先生が黒板やホワイトボードに提示して示す用に、

大きめサイズのカードも用意しているので、

印刷してカット、厚紙に貼り付けるかラミネートし、裏にマグネットを貼ることで、

すぐに使えます。

コギト先生
授業準備がすぐにできるようになっています!
キビキビ先生
授業参観や研究授業でも見栄えが良さそうね!

音符カードが入っている教材「リズムフラッシュカード50問」はこちらから

コギト先生
今回紹介した「音符カード」はこちらから購入ができます。

音符カードの他にも、こんな感じで品揃えを充実させています!

教材の中身
  1. リズムフラッシュカード50問(練習用・印刷用)スライド
  2. リズムフラッシュカード50問解説スライド
    ・【おまけ】解説スライド用YouTubeプレイリスト
  3. リズムフラッシュカード作成ツール
  4. 自習用プリント
  5. 「リズムづくり」用音符カード

いざと言う時の授業ネタ、自習ネタにもお使いくださいね。

小学生の創作の授業についての記事も参考になるかも?

↓創作の授業ネタもダウンロードできます

小学校5、6年生用の創作の教材もあります!

今回は以上です!

仲間に知らせよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です