MENU
ピアノ伴奏お手本作ります!

先生用・生徒用に上の動画のようなピアノ演奏(伴奏など)のお手本動画を作成します。

詳細はお問い合わせください。

オペラ・トゥーランドットの登場人物とアリアをイラスト・相関図付きで紹介!

この記事ではオペラ「トゥーランドット」の登場人物を人物相関図付きで紹介しています。

コギト

人物相関図はこんな感じです。

トゥーランドット人物相関図

オペラトゥーランドットはプッチーニが作曲した最後のオペラ。音楽は最初から激烈で引き込まれるため、刺激的な映画に慣れた現代の若者でさえ圧倒されてしまうでしょう。

登場人物関係性は比較的簡単ですので、この記事でアリアやシーンとともに押さえておけばオペラをより楽しめるようになります。

▼オペラトゥーランドットのあらすじについてはこちらで書いています。
オペラ・トゥーランドットのあらすじを元音楽教師がわかりやすく解説!

▼「トゥーランドット」を音楽授業で教えられる教材もダウンロードできます!
【中学校・高校音楽】オペラ鑑賞の授業教材ネタ『トゥーランドット』(ワークシート付き)

ブログ運営者

コギト|音楽教材研究家

  • 音楽教員歴18の元音楽教員
  • 教員辞めても教材研究が好きで続けている
  • 元作曲専攻で鑑賞創作の授業が得意
  • ピアノはコンクール全国大会入賞レベルでピアノ動画チャンネル(YouTube)も運営
  • ICTを駆使・時短マニア
  • note自作教材の販売をし、1000ダウンロードを突破!
  • 音楽や音楽教育に関することをX(Twitter)でも発信中
目次

オペラ「トゥーランドット」の人物相関図と各キャラクターの関係

オペラトゥーランドットは昔の中国を舞台にした「ご当地オペラ」です。

コギト

舞台セットや衣装だけが中国的なだけでなく、音楽でも中国の音階を使ったり民謡を引用したりしています。

トゥーランドットとは中国の冷酷なお姫様です。過去の先祖が男性にひどい仕打ちを受けたことの復讐心で、いい寄ってくる男たちに謎かけをします。

答えられれば婚約するが、答えられなければ死刑にするという条件で挑戦した男たちは次々と死刑執行人のプーティンパオによって首を切られていきます。

トゥーランドットの国の大臣としてピン・ポン・パンというピエロ役の3人が登場します。話の筋には直接関係のない3人ですが、劇を脇で盛り上げます。

中国ではない異国の王であったティムールとその息子のカラフとティムールの召使のリューは、祖国を追われて離れ離れになっていましたが、トゥーランドットのいる中国で再会するところから物語が始まります。

オペラ「魔笛」の登場人物とそのアリア

王子カラフ

カラフ王子

異国の王子で身分を隠して中国に辿り着き、トゥーランドットに一目惚れし、命をかけてトゥーランドットの謎かけに挑む。

カラフ王子の有名アリア

「誰も寝てはならぬ(Nessun Dorma)」
身分を隠したカラフの名前を当てられたらトゥーランドットが勝利することになり、トゥーランドットは国中に「この男の名前を突き止めるまでは誰も寝てはならぬ」と命令を出す。カラフはこの駆け引きに勝利することを宣言するアリア。

トゥーランドット

トゥーランドット

中国の絶世の美女。過去に男にひどい仕打ちを受けた先祖のため言い寄ってくる男に復讐をしている。結婚の条件として3つの謎かけをし、答えられなければ死刑。次々と切られた首が並んでいく。

パミーナの有名アリア

「この城に幾千年もの昔」
トゥーランドットが男たちの首を次々と切らせている理由を告白するシーンのアリア。トゥーランドットの苦悩や恨みが音楽の美しさと混ざって官能的なほどになっています。

リュー

リュー

ティムール王の召使であり祖国を追われた惨めな王を献身的に支える。王子であるカラフに想いを寄せる。最後にはカラフのために自殺する。

リューのアリア

「氷のような姫君の心も」
第3幕。トゥーランドットの命令で必死で王子の名前を知ろうとした国の群衆。それを知っているティムールとリューを力づくで名前を吐かせようとする。リューは自分が死ぬことで名前を漏らしてしまわないように決意するアリア。この後群衆から奪いとった短剣で自分を刺す。

ティムール王

ティムール王

カラフの父親で中国ではない異国の王。(原因はオペラでは触れられないが)祖国を追われてカラフとは離れ離れ。召使のリューと辿り着いた先が中国であった。

ティムールの活躍するシーン

「頼む 後生だ」
第一幕。命をかけてトゥーランドットの謎かけに挑もうとするカラフを止めるシーン。ティムール王のアリアは特別にはないが、このシーンから後のカラフ・リュー・ティムール・ピン・ポン・パン・群衆が複雑に交わりながら渾然一体となって盛り上がっていく音楽は見もので以下の図解のように同じ音楽上でそれぞれの登場人物が全く違うセリフを言い合います。

ピン・ポン・パン

ピン・ポン・パン

トゥーランドットの国(中国)で使える大臣。道化役であり、重苦しい題材である話の隙間に軽い音楽的息抜きを挟むことに一役買っている。

ピン・ポン・パンが活躍するシーン

第2幕の冒頭

ピンポンパンの3大臣が 次なる謎かけの犠牲者(カラフのこと)の葬式の準備の相談をしている場面です。 話は脱線していき、慣れっこになっていった今までの犠牲者を面白おかしく笑いあったり、3大臣それぞれの郷愁を歌ったりします。

字幕はありませんが、雰囲気掴めると思います。

コギト

ちなみに死刑執行人のプーティンパオは演技のみで歌なし。トゥーランドットの父である中国皇帝役はちょい役です。

トゥーランドットも実は悪い人ではない!

全編ではありませんが、抜粋字幕ありで視聴できます。

トゥーランドットの冷たい心を、血気盛んで暑い情熱をもったカラフが時ほぐして最終的に結ばれるストーリーのオペラです。トゥーランドットとは対照的な心温かな役のリューや、ピエロ役のピン・ポン・パンという脇役に彩られて、壮大な音楽とともに展開していきます。

このお話は勧善懲悪なお話ではなく、男を死刑にするトゥーランドットにもそれなりの理由があったり、リューの実らない片思いを切々と語るアリアがあったり、登場人物の心情が音楽によって感動的に色づけられています。

コギト

この記事から各シーンの登場人物の心情を考えながら聴いてみてくださいね。

教員

トゥーランドットのおすすめのDVDは?

トゥーランドットのおすすめのDVDはこれです。廉価版で安い上に超名盤。トゥーランドットの歌声だけが個人的に残念に感じますが…

コギト

音楽の授業で使う際にもNGシーン(グロテスク・官能的すぎ)はなくおすすめです。

↓「トゥーランドット」を題材にして音楽授業の教材を作りました!

音楽の授業準備が大変とお困りの先生へ

教材準備の時間を3分の1にして定時退勤しながらも生徒が前のめりになるおもしろい授業をする方法

わかりやすく簡単にオペラ「トゥーランドット」の鑑賞授業ができるダウンロード教材あります!

  • わかりやすい図解・音源入りのスライドデータ
  • スライド連動のワークシートもついてすぐに授業ができる!
  • 歌ってみよう「誰も寝てはならぬ」移調楽譜あり


授業のネタがこれでもかと詰め込まれ、この教材だけで授業できるセットになっています。

データはWordやPowerPointなどのデータで自分好みに編集自在。入っている図解や画像データを使うだけでも教材作りを大幅時短です。

以下のリンクから教員歴18年のベテラン音楽教員が10時間以上をかけて作り込んだ授業用教材が1クリックで手に入ります。

この教材は有料ですが、無料でネットに落ちている指導案やワークシートとはまったく別物。超作り込んだ教材です。教材は随時アップデートも行っているので、教科書が変わって古くなってしまうこともありません。スライド・ワークシート全て揃っているオールインワンの教材は他にはありませんよ。

↓気になった方は教材をチェックです!

授業準備がすぐ終わる!

今回は以上です!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

音楽教師歴18年の元教員。鑑賞・創作・器楽合奏授業が得意。伴奏アレンジや合唱、合奏編曲もできます。国立大学の附属学校で研究主任&教育実習など経験あり。大好きな教材づくりで全国の音楽の先生の役に立ちたい。 自分の仕事を全部音楽関係にしたいから教員をやめて独立。ピアノ歴20年以上。アマチュアコンクールで全国入賞経験あり。ピアノアレンジ楽譜も作っています。

コメント

コメントする

目次