noteにわかりやすい教えやすい教材を用意!

【そのまま使える!?】書籍『マンガでわかる「オペラ」の見かた』は鑑賞の授業準備がはかどるネタ本!

 

以前、自分が取り組んだオペラ鑑賞の授業の、教材や指導案をnoteで紹介しました。

 

↓これです。

 

 

その時に、オペラのあらすじを説明するのに使用し、とっても便利だったのがこの本ですっ。

ででんっ。

 

『マンガでわかるオペラのしくみ』/ 小畑恒夫著

コギト先生
オペラのあらすじを生徒に説明するときにこの本がめちゃくちゃ役にたちました。コピーするだけでもOK。

 

オペラの音楽について学ぶとき、「そのオペラがどんな話なのか」ということには必ず触れることになります。

新米教員
意外とあらすじ説明って時間食っちゃったりするよね…

 

あらすじを知る事はオペラの鑑賞する上で必要な事ですが、

あらすじを知る事自体は音楽の学習ではないので、

なるべくサッと終わらせて本文である「鑑賞」と「音楽の学習」に進みたいですよね!

 

 

『マンガでわかる「オペラ」の見かた』はオペラ1作品ごとに、

あらすじが見開きでマンガになっているため、わかりやすい!

コギト先生
実際にこれを使って授業進めてみたらめちゃくちゃ便利だったので、音楽の先生に是非オススメしたいです!

 

新米教員
オペラを授業で鑑賞することになったけど、そもそもオペラって詳しくないし、ハードル高い…

こんな風に感じている人も、この本があれば、

オペラについて自分が知識をつけつつ、そのまま生徒用の教材にも転用できるので本当に便利です。

 

コギト先生
自分で読んでオペラについて知るも良し、コピーして教材として使うも良し。雑誌のようにライトでさくさく読めます!

 

 

『マンガでわかる「オペラ」の見かた』の便利な点

コギト先生
便利なのはこんな点。
便利な点
  1. オペラのあらすじが見開きページで理解でき、プリント転用も簡単
  2. 人物相関図や豆知識なども授業の資料として秀逸
  3. 授業で扱いそうなオペラは全て収録(50タイトル)
  4. オペラ作品だけでなく、オペラの基礎知識も載っている

 

便利①:オペラのあらすじが見開きページで載っている

コギト先生
なんといっても見開きっていうところが教材作るときに便利!

「あらすじを知る」という事についてはこの本の見開き2ページを見れば、他に説明は不要というレベルのわかりやすさ。

細かい状況などはカットされていますが、

短時間でざっくりオペラのあらすじが理解できる」ように解説されています。

 

しかも見開きで完結しているのがうれしいところ。

このページをコピーしちゃえばすぐにプリント一枚完成!しちゃいます!

(A5サイズの本なので、見開きだとちょうどA4サイズでコピーできます)

 

2〜3時間にわたるオペラのストーリーを説明しようとすると、

 

○自分がまずちゃんとわかっていないといけない

○あらすじの資料をわかりやすく作ろうとすると結構大変

 

こんな感じで

情報の収集にも、
プリント作成にも、
授業での説明にも、

意外と時間を取られます。

 

キビキビ先生
この本のページを事前に配っておいて「授業までに読んでおいてね」ってしちゃってもいいかも!

 

■本のコピーを配布していいの?■

コギト先生
今回の本のような資料をコピーして生徒に配布することは学校で行う分には著作権侵害には該当しないので大丈夫です。


出典の明示をしておく必要はあります!

「マンガでわかる「オペラ」の見かた/誠文堂新光社より引用」などのようにプリントの隅に手書きでも書いておけばOKです。

 

便利②:人物相関図や豆知識なども授業の資料として秀逸

↑見開きページには、簡単な人物相関図も載っていますので、

登場人物とストーリーの理解がスムーズに進みます。

 

コギト先生
とくに音楽の授業では、一部分だけを鑑賞することが多いから、こういう図があると、「この人が歌うアリアを今から聴きます」とか、説明しやすい。

 

また、マンガのあらすじの下の部分には、

「作曲者、原作者、初演の年、何幕の構成か」などの地味に役立つ基本情報や、

オペラの成立の背景が文章で載っています。」

キビキビ先生
ここから自分が取りあげたい情報だけピックアップして説明すればいいわよね!

 

一番下に小さく載っている「豆知識」の部分も、

コギト先生
モーツァルトってこのオペラのことが大好きで死ぬ間際まで上演の時間を気にしてたくらいなんだってさ。
みんな
へぇ〜!

と、

授業の中で話してあげると授業のアクセントとして効果的に使えそうです。

 

便利③:授業で扱いそうなオペラは全て収録(50タイトル)

コギト先生
授業でやりそうなこんなオペラ、全部載ってます!
掲載している代表的なオペラ作品

ロッシーニ / セビリャの理髪師

ヴェルディ / アイーダ

ヴェルディ / リゴレット

ヴェルディ / 椿姫

プッチーニ / 蝶々夫人

プッチーニ / トスカ

プッチーニ / トゥーランドット

モーツァルト / フィガロの結婚

モーツァルト / 魔笛

ウェーバー / 魔弾の射手

ワーグナー / トリスタンとイゾルデ

リヒャルトシュトラウス / サロメ

リヒャルトシュトラウス / ばらの騎士

ビゼー / カルメン

團伊玖磨 / 夕鶴

他にも全部で50タイトルの作品が掲載されているので、

音楽の授業で取り上げる作品は全て網羅しているといえます。

 

便利④:オペラ作品のあらすじだけでなく、オペラの基礎知識も載っている

コギト先生
オペラのあらすじ以外でもこんな情報がわかりやすく見開きで解説されています。
あらすじ以外の情報
  • 作曲家見開きページ
  • そもそもオペラって何?
  • オペラ誕生の歴史
  • オペラのジャンル
  • オペラの「舞台」を作る人たち
  • オペラの「声」の役割
  • ドイツオペラとイタリアオペラ


↑作曲家のページ。基本知識や、オペラ作曲にまつわる事が見開きでまとめられています。

 


↑オペラに詳しくないひとにとってはややこしい、オペラの種類についてもちゃーんと解説。

 


↑声の役割についてもしっかり解説されていて、私も勉強になりました…。

 

新米教員
オペラに詳しくない私でもこれを使えばなんとか授業いけそうだわ。ホッ。

 

『マンガでわかる「オペラ」の見かた』があれば鑑賞の授業準備が時短に!

 

 

この本を教材として提示すれば、

  • オペラってどんなもの?
  • 今から鑑賞するオペラってどんな内容?
  • 作曲家やオペラ作曲の経緯って?

このような事が簡単に理解できるようになっているので、

 

  • 生徒もわかりやすい
  • 教員の教材準備も時短できる

 

こんなメリットがあります。

 

コギト先生
鑑賞の授業でオペラを取り上げる時には1冊あると便利ですね!研究図書とかで購入するのも良いかも。

 

気になった方はチェックしてみてくださいね!

 

また、

この本であらすじを紹介した「トゥーランドット」のオペラ鑑賞教材をnoteにアップしています。

是非使ってください!

↓↓↓

 

今回は以上です!

 

 

 

 

 

仲間に知らせよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUT US

コギト先生
コギト@音楽教師歴15年・ピアノ歴20年以上。30代で アマチュアコンクールで全国入賞、国立大学の附属学校で死ぬほど研究&教育実習を担当。作曲編曲も得意で伴奏アレンジや合唱、合奏編曲もやります! 音楽の授業をクリエイティブに。アレクサンダーテクニーク(AT)指導者資格あり。音楽指導のネタやコツを発信。