noteにわかりやすい教えやすい教材を用意!

【音楽鑑賞授業ネタ】おもしろい!「動物の曲」鑑賞授業の教材をnoteでゲット 内容チラ見せ(全ての校種で使えます)小学校・中学校・高校・特別支援)

 

「動物の曲」の鑑賞の授業の教材をアップしてnoteで販売しています。

 

 

動物の名前がタイトルになっている曲を聴いて、

それが何の動物なのか、音楽表現から聴きとる授業です。

 

私はこの単元を小学校でも、特別支援学校でも、高校でも扱ったことがありますが、

校種に合わせてどこでも授業を成立させることができました

 

どの校種でも、どの学年でも、季節を選ばずに行える調便利な鑑賞の授業ネタです。

 

コギト先生
今でもネタに困ったらこの単元をやると決めています。10年くらいあたため続けてきた教材で、みなさんにも使って欲しい!

他の先生の代打で初めてのクラスの音楽の授業をしなければいけなくなった時なんかもこの授業で乗りきっています。

 

この「動物の曲」の鑑賞教材では13曲の鑑賞教材を用意しており、以下のような特長があります。

「動物の曲」鑑賞の授業のメリット
動物の名前が付いた曲なのでイメージが持ちやすい解説がしやすい

たくさんの曲を知ることができ、知識がつき飽きさせず様々な音楽の特色を学習できる

短い曲が13曲だから組み合わせ自在。授業のメインにも短時間の常時活動としても、時間調整にも使える

コギト先生
「なんの動物か?当ててみよう~!」と深く踏みこまずにライトにクイズ形式で学習したりもできるので、小学校で音楽を教える、専科ではない先生にもオススメします!

 

この「動物の曲」の鑑賞教材は、以下のものをセットにしています。

小・特支用の指導略案(wordデータ)

中・高校用の指導略案(wordデータ)

小・特支用のワークシート(wordデータ)

中・高校用のワークシート(wordデータ)

小・特支向け授業進行用スライドデータ(keynote)

小・特支向け授業進行用スライドデータ(powerpoint)

note本文による曲の解説・教材の使い方、ポイントアドバイス(楽譜資料あり、13000字超)

Youtubeの題材曲の全曲プレイリストと参考動画(ムジクラスオリジナルのものもあり)

コギト先生
これさえあればとりあえず他の準備はいらない、というところまでしっかり準備させていただきました!これで自分も今のところはこの授業の準備は万全。

(*教室のネット環境により、Youtubeなどが再生できない場合は音源の準備が必要になります。note本文でおすすめの音源のリンク集も用意してあります!)

 

指導案には簡単に「題材観」も載せていますので、研究授業の際の資料としても使えますし、

すべてワードやキーノート、パワーポイントなどのデータでお渡しするので、

お渡しした教材を自分流にアレンジすることももちろんできます

 

新米教員
「動物の曲」って中学校とか高校で教える題材としては、ちょっと幼稚なんじゃ…?
コギト先生
メシアンやバルトークなどの普段聴き慣れない近現代音楽も13曲の中に含まれていますし、「表現を言葉で説明してみる」などの発展的な学習方法についても解説しているので大丈夫!

 

今回の記事では、ちらっとだけ、この教材の中身を紹介しています!この記事だけでも是非読んでいってください!

 

「動物の曲」鑑賞、13曲の中身

↑これは、note購入した方にシェアする限定公開のYoutubeプレイリストです。note本文にも埋め込んであります。

 

コギト先生
13曲のリストはこんな感じです!

1:「ライオンの行進」/サン=サーンス
2:「卵の殻をかぶったひな鳥のバレエ」/ムソルグスキー
3:「象」/サン=サーンス
4:「白鳥」/サン=サーンス
5:「ウタツグミ」(鳥の小スケッチ)/メシアン
6:「森の奥のカッコウ」/サン=サーンス
7:「蝶々(ちょうちょう)」/グリーグ
8:「ハエの日記から」/バルトーク
9:「クマンバチは飛ぶ」/リムスキー=コルサコフ
10:「ギャロップ」/カバレフスキー
11:「カンガルー」/サン=サーンス
12 :「水族館」/サン=サーンス
13 :「ワルツィング・キャット」/アンダーソン

コギト先生
全てクラシックですが、オーソドックスな曲から近現代音楽まで、さまざまな曲が聴けるようにしています!

 

1曲ずつ毎時間聴かせて解説すると、13回分になりますので、1学期分はありますね

 

2~3曲ずつ授業のメインの鑑賞の授業として行うなら、たとえば、

1:「ライオンの行進」/サン=サーンス
2:「卵の殻をかぶったひな鳥のバレエ」/ムソルグスキー
3:「象」/サン=サーンス

3曲を比較して一度に聴いてみることで、「音の大小」「音の高低」「長調と短調」などにフォーカスして音楽を鑑賞させることができます。

1曲目は低くて大きな音が短調で鳴るから「大きな怖い動物」でライオン。

2曲目は逆に高くて小さい音が鳴るので、「小さくてかわいい」動物でひな鳥。

3曲目は低くて大きな音だけど、長調の曲だから「大きいけど怖くない動物」で象。

などのようにです。

 

このように効果的に鑑賞の授業を展開するための授業構成のしかたもnoteで提案していますので読んでみてくださいね。

 

noteを購入した方には限定公開の「動物の曲鑑賞のためのプレイリスト」のリンクを載せているので、それを登録しておけば曲探しに使う時間はゼロです(結構これ時間かかるんですよね)。CDを集めたりする手間もありません。

 

また、Youtubeのプレイリストには、鑑賞に役立つ、当ブログのオリジナルの動画も用意しています。

例えばライオンの曲を「音高と強弱」を逆にして弾いてみたらどうなるかという動画↓

「音の大小や高低」によって曲想が変化することが直感的に理解できますね。

(オリジナルの動画はこの他にも計3つ用意しています。)

 

また、メシアンの「ウタツグミ」という鳥の曲では、

「ウタツグミ」の鳴き声がかなり忠実にピアノで再現されていますが、

実際の「ウタツグミの鳴き声」の動画もプレイリストに入っているので、

「曲の表現」と「実際の鳥の鳴き声」を聴き比べてみることもできます。

 

この曲は近現代曲なので、ただ聴かせるだけだと特に小学生などはポカンとしてしまいそうですが、

実際の鳴き声と比較して聴いてみることで、

みんな
なるほど確かに!

と盛り上がると思います。

コギト先生
ほんとにメシアンって鳥の鳴き声をよく聴いてたんだと、感心してしまいます!近現代音楽に生徒を触れさせるいい機会にもなりますよ!

 

13曲それぞれについて元作曲を学んでいた私が丁寧にnoteで解説していますので、曲の解説に困ることはないと思います!

 

ワークシートの中身

ワークシートはこんな感じになっています(中高のもの)↓

 

コギト先生
上の部分では自分で考えたことを自由に書き込みます。実際に解説を聞いて書き込むのは下の部分。

 

鑑賞の授業の大事な「評価」はワークシートへの書き込みや発言をもとに行うことになるので、生徒の思考した跡をしっかり残せるようなワークシートにしました。

授業をはじめたばかりのころ、このワークシートを丁寧に作っていなかったため、生徒が自分の考えを消しゴムで消してしまい、評価に困ることがあったという反省を生かしたかたちです。

 

中高では、「音の要素を聴き取れているか」「曲を分析的に考えて聴いているか」という部分が評価の観点になるので、その項目を記入欄で評価できるようにとってあります。

小学校・特支のワークシートはもっと簡単に構成しています。

 

↓こちらはワークシートの下半分。得た知識やポイントを書き込んで学習します。

 

ワークシートの記入例も全曲分用意していますので、最悪そのまま板書してもOK

 

ワークシートの最後には「生徒が学んだことをまとめるコメント欄」も作りました。

こちらで自分が学習したことをアウトプットさせることで知識としての定着を促したり、先生側が理解度を確認できたりします(評価する参考にもなる部分ですね)。

 

スライドの中身

↑授業進行用のスライドです。

 

これは曲の解説の場面。

1曲ごとに「曲名」「作曲者(写真付き)」「曲の動画埋め込み」「曲の鑑賞のポイント」を載せていますので、ワークシートの書き込みもここからできるようになっています

 

コギト先生
このスライドだけでも授業が実施可能になるようにしています。

もちろん編集も可能なデータでダウンロードできます。

自由にアレンジして使ってください。

キビキビ先生
「マジで授業の準備の時間ない!」って時はこのスライドだけでもOKなのね!

 

また、スライドだからこそ効果的に提示できるポイントもありますよね。

↓ちょっとした譜例を見せたい場合や、

↓図解で示したい場合など、

コギト先生
わかりやすく工夫して作っています!

 

中学校や高校ではより音楽の分析にフォーカスする

「ライオンの行進」はピアノで小さいころに弾いたことのある生徒もいて、曲自体を知っている生徒も多いはず。

新米教員
確かに中学校や高校で教えるには物足りない曲かも…?

 

でも↓このような点については中高生はしっているでしょうか?

↑noteの解説文です。

この曲の旋律はちょっと不思議なところがあるという気づきから、

音階の第6音が半音上がった「ドリア旋法」であることを学習し、

それが「スカボローフェア」などの親しまれている曲に使われていたり、

ジャズのフレーズにも使われていることを知ることができます。

 

中学校・高校生にこの単元を学習させる場合は、ただ動物をイメージさせて聴いたり、動物を当てさせるだけでなく、いろいろな音楽の要素を一緒に学習させていくことで学習のレベルをグッと上げることができます

新米教員
ホントだ…、急にハイレベル!

 

また、「ワルツィングキャット」の曲は、

猫の鳴き声を楽器で表現していることはすぐにわかりますが、

「この曲はどんな構成でできている?」と曲の形式について学習に持っていくのはどうでしょうか

ワルツィングキャットは(イントロやコーダのついた)3部形式を学習するのにわかりやすい曲です。

 

コギト先生
このあたりの、中高生レベルの学習内容についてもnote本文でちゃんと解説していますのでご心配なく!

 

 

まとめ:教材をゲットすれば授業準備の時間とコストもカット

↑指導略案の最初の部分です。研究授業の指導案づくりも時短できますね。

 

コギト先生
10年以上あたため続けた教材をかなり丁寧に仕上げて公開しました!是非使ってみてくださいね!

 

コギトは、この教材の研究のためにかなりCDや楽譜を集めました。

13曲の譜例だけでも集めると30,000円以上になります。

 

楽譜や音源を集めるコストや手間を考えると、

それは誰か一人(今回は私)がやればよいのです。

 

みなさんはこの教材に自分なりの工夫を乗っけて

さらに豊かな授業を短時間で実現してしまってください!

 

コギト先生
現段階でのコギトの全てを出したつもりなので、活用していただければ嬉しいです!

 

↓教材はこちら(note)からゲットできます。

 

 

購入していただいて、曲に関しての質問などあれば、お問い合わせやコメント、ツイッターのメッセージでも連絡いただければ、できる限りお答えしたいと思います。

また、もっとこんな方法もあるよ!というアドバイスもいただければ参考になります!

 

ではこれからも音楽の授業のネタを沢山だしていければと思います!

今回は以上です!

 

 

仲間に知らせよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUT US

コギト先生
コギト@音楽教師歴15年・ピアノ歴20年以上。30代で アマチュアコンクールで全国入賞、国立大学の附属学校で死ぬほど研究&教育実習を担当。作曲編曲も得意で伴奏アレンジや合唱、合奏編曲もやります! 音楽の授業をクリエイティブに。アレクサンダーテクニーク(AT)指導者資格あり。音楽指導のネタやコツを発信。