noteにわかりやすい教えやすい教材を用意!

【授業で使える】リズム学習教材ネタ・フラッシュカード50問!問題作成もできてまるでアプリ!

コギト先生
便利に使える「リズム学習」教材の決定版、作りました!

リズム学習で「フラッシュカード」を使ってリズムを習得していく方法はたくさんの先生が取り組んでいるのではないでしょうか?

ただ、カードを自作するのは結構面倒…。

先輩教員
市販のものもなかなかいいのがないのよね…

というわけで、だれでも使える、デジタル版(紙にもできる)フラッシュカード50問を作成しました!

リズム学習はこれだけあればOK!

この教材は、

PowerPointkeynote

このようなリズムが表示され、そのリズムを考えて打つ

というフラッシュカードのスライド版

小学生の導入から、中学生用の難しい問題まで5段階のレベルで50問!

テレビに大きく映し出して学習することもできます。

コギト先生
そして一番の特徴は「答えが音で鳴る」ところ。

 

もちろんスライドを印刷して紙のフラッシュカードとしても使えます。

小学校中学校の学習指導要領には学ぶべきリズムが提示されていますが、それらは全て網羅。

リズムカードだけでなく詳しい解説もスライドの途中にはさんであります

↓リズム学習の参考例として、実際の曲例もあげているので、楽しくリズムを学習できます

さらにさらに。自分で考えたリズムをカードにすることもできます!

購入して下さった方のコメントには、

「自作ツールが便利そうだったので購入しました!」

「歌も鍵盤ハーモニカもリコーダーもできないのでかなり助かってます!」

「生徒の食いつきも上々です!」

「授業用に使用させていただいています!とても助かっています!」

というコメントもお寄せいただき作成した側としてもとても嬉しいです!

コギト先生
自分の知らないところでこの教材が役に立っていると思うと…、ムフフです。

今回の記事では、このリズム学習教材について詳しく紹介します!

【誰でもできる音楽授業】リズム学習フラッシュカード50問&カード作成ツール>>

是非最後までご覧ください!

音楽授業のネタ仕事術をブログやnoteTwitterで発信中です!

紙のリズムフラッシュカード使っていますか?

フラッシュカードはリズム学習に最適

リズムと音符の学習は、原理から理解しようとするととても難しく、高校生でも理解がなかなか進みません

はっきり言って難しいんですよね。

コギト先生
高校時代バンドをやっていましたが、進学校の高校生のバンド仲間でもリズムは読むの難しそうでした。

リズムと音符のことを理論からちゃんと理解しようと思うと、

数学的&割り算のような考え方が入ってきてややこしいのですよね。

  • 全音符は4分音符4つ分で、三連符だと…、とか
  • 4分の4拍子の4分音符(分母)が4つ分(分子)だ、とか
  • 4分音符、8分音符、16分音符、と数は増えるけど、音は短くなる、とか

とか色々な「ひっかかりポイント」があって頭がこんがらがるのです。

コギト先生
小学校や特別支援学校で真面目に教えるのはまずやめた方が良い分野と思っています。

しかし、音符から理解しようとすると難しいけれど、

リズムは体の中に根付いているもの

音符は抜きにして、

「このリズムたたいて」と示されれば、

すぐに真似して叩くことはできますよね。

コギト先生
リズムは考えてやると難しいけど、実際にやってみるのは簡単だし楽しい!

算数の九九を「さんしじゅうに」と暗記して、

いちいちと3の4倍を頭のなかで数える必要がなく計算できるように、

「こういう音符がきたらこうたたく!」という感じで、

音符とリズムをパターンとか体で覚えてしまおうとできるところが

フラッシュカードでリズムを学習する最大のメリットです。

キビキビ先生
リズムをフラッシュカードで学ぶのは理にかなっているのね!

紙のフラッシュカードのメリットデメリット

リズム学習にはもってこいのフラッシュカードですが、

私も以前は、買ったものや自作したものを使っていました。

紙のリズムカードのメリット
  • 紙とペンさえあればすぐに作れる
  • ものがあればサッと見せられる、順番の入れ替えもしやすい

など、アナログならではの良さもありますが、

以下のようなデメリットもあります。

紙のリズムカードのデメリット
  • 使う場面によって小さすぎたり大きすぎたりする
  • 持ち運ぶのが面倒
  • 地味に失くしたりする
  • 汚れてボロボロになる
先輩教員
私も昔買ったものを現役で使ってるけど、欲しいリズムがなかったりするのよね。

市販されている(公文式などの)リズムフラッシュカードは綺麗で丈夫にできていますが、

なかなかこれ、といったものも見つからないのが現状。

市販のリズムカード3つを買って比べてみた

カードを自作すると自分が欲しいリズムで作れますが、

作る手間も結構かかりますし、手書きだと綺麗にかけません

コギト先生
そこでおすすめなのが今回の教材!

「リズムフラッシュカード50問&カード作成ツール」の中身

「リズムフラッシュカード50問」と「カード作成ツール」のデータはnoteにアップしています。

以下のデータがダウンロードできます。

この教材の中身
  • リズムフラッシュカード50問(練習用・印刷用)スライド
  • リズムフラッシュカード50問解説スライド
  • リズムフラッシュカード作成ツール
  • 自習用プリント
  • 「リズムづくり」用音符カード
  • 【おまけ】解説スライド用YouTubeプレイリスト

こんなにあります。

リズムを学ぶにはこの教材があれば十分の決定版です!

リズムフラッシュカード50問

問題のスライドのみが入っているデータです。

レベルは5段階。男子にウケるように、ドラクエっぽくしてみました(音付き)。

このようなレベル1の簡単な問題から、

このような(レベル4)の難しいものまで、

50問用意されています。

コギト先生
ゲーム感覚でやらせてみると盛り上がりますよ!

50問は以下のような順序で構成されています。

レベル1:4分音符・8分音符
レベル2:タイ・休符
レベル3:4拍子以外の拍子
レベル4:付点と16分音符
レベル5:連符

順序よく学んでいけるように工夫しています!

50問解説スライド

「解説スライド」は先ほどの50の問題に解説を加えたものです。

スクリーンショット 2021-01-30 16.11.35
「リズム」という言葉の意味から。
スクリーンショット 2021-01-30 17.03.26
生徒が疑問に感じそうなことがらまで。

このように、リズムや拍子に関する解説がはさまっているので、

50問で実践的に練習しながら、理論的にも学習できるようにもなっています。

また、

  • 5/4拍子の代表曲(ミッションインポッシブルのテーマやダフニスとクロエなど)の紹介や、
  • 付点の図示や計算の仕方、有名曲(紅蓮華など)でのリズム打ち課題
  • シンコペーションの意味や曲例(Let it goなど)
  • ヘミオラのリズムと曲例(Americaなど)

など、

単にリズムだけの学習に終始することなく、

実際の音楽(曲)の中からリズムが学べるようなパートも盛り込んでいますよ。

コギト先生
フラッシュカードやりながら時々解説を入れると、授業もリズミカルになります!

リズムフラッシュカード作成ツール

フラッシュカードの自作ができるツールです。

コギト先生
50問のフラッシュカードと同じようなものが簡単に自分で作れます!

パワーポイントやキーノート上でコピペすることで簡単にフラッシュカードが自作でき、

簡単なものなら1分以内で作れてしまいます。

作成ツールの便利なところ
  • コピペだけで簡単にフラッシュカードが作れる
  • テレビに投影させて使える&印刷して紙ベースでも使用可能
  • 簡単な5線譜も用意。短いメロディフレーズも描ける
  • フラッシュカードだけでなく、プリントやテストの資料作成にも便利

以下のような簡単な楽譜もこの「作成ツール」で頑張れば作れます。

スクリーンショット 2021-01-30 16.02.40

この作成ツールを使えば、50問のフラッシュカードをアレンジしたり、

プリントやテストに譜例や音楽記号を載せたりなどが簡単にできるので、便利です!

自習用プリント

コギト先生
用事や出張で授業に出れないときはこのプリントが大活躍です!

この自習プリントは教材を購入された方の

「データだけでなく、プリントもみながら取り組ませたい」という声で作りました。

  • 学んだリズムが習得できているか確認できる
  • 先生がいなくても自習できる

こんな利点があります。

新米教員
体調悪くて休んでしまう時なんかには助かるプリント。宿題にもできるかも。

時間が余った生徒のために「オリジナル問題」を作成する欄も作っています。

【おまけ】ボディパーカッション練習スライド・リズム創作カード

フラワービートさんの楽しいボディーパーカッションの動画

この動画のリズムの解説・練習用スライドもつけています!


また、↓のようなリズム作りに使えるカードもおまけでつけています。

画像21

まとめ


↑ドラクエのゲームっぽいデザインでスライドを作っています。

リズム学習を今から取り組もうと考えている先生は是非この教材を使ってみてください。

コギト先生
明日からすぐ使える便利な教材です!

この教材作るのに相当時間がかかりました。(一つ一つの音符の画像を背景透明化したり…)

このツールを使えば、みなさんの教材の準備の時短になるはず!

リズム学習はこれだけあればOK!

ぜひ使ってみてくださいね!

今回は以上です!

仲間に知らせよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です