noteにわかりやすい教えやすい教材を用意!

【完全解説・比較レビュー】学習用のリズムカードを買って試してみた!!おすすめ3選+1(デジタル教材のダウンロードもできる)

コギト先生
リズムを学ぶのによく使われるのがリズムカード。

みなさんはどんなリズムカード使っていますか?

  • 市販のもの?
  • 自作?

今回は市販されている「リズムカード」を3種類購入し、実際に試してみました!

レビューする「リズムカード」
  • くおんのレッスンシリーズ「リズムカード」
  • ぷっぷるのリズムカード(YAMAHA)
  • リズムパターンカード(音楽之友社)
比較した3種類がこれ。

簡単に表にして比較すると以下のようになります。

カード出版社・価格サイズカード数・問題数対象学年利用シーン・メリットデメリット購入はこちらから


くおんリズムカード
くおん出版
1,650円(税込)
名刺大サイズ40問小学校低学年・個人用
・ドリル付き
・白紙カードあり
・独自の記号がわかりにくい
・買うなら一人一冊
詳細を見る


ぷっぷる「リズムカード」
YAMAHA
1,430円(税込)
B6サイズ50問小学校低〜中学年・小グループ用
・カラフル
・使い方いろいろ
・授業で見せるには小さめ
詳細を見る

リズムパターンカード
音楽之友社
1,320円(税込)
B5サイズ20問小学校中学年〜中学生・一斉授業用
・授業で提示しやすい
紙は折れやすい詳細を見る

それぞれに活用できるシーンが違うので、リズムカードを選ぶ時の参考にしてくださいね!

コギト先生
ちなみにムジクラスオリジナルの「リズムフラッシュカード」もとってもおすすめです!

 

市販のカードより便利!

ICTを活用した授業にも可能性の幅があるデジタルのフラッシュカード

スクリーンに映し出して大きく表示して学べ、きれいな自作問題を作ることもできます。

コギト先生
もちろん紙に印刷することもできます。

5段階のレベルにわかれているので小学校低学年〜中学生まで幅広く使えるリズムカードの決定版!

気になった方は是非ご覧くださいね!

デジタル版「リズムフラッシュカード50問」をチェック

音楽授業のネタ仕事術をブログやnoteTwitterで発信中です!

①くおんのレッスンシリーズ「リズムカード」は個人用

「おけいこブック」というドリルがついているのが他にはない特徴。

くおん出版から出されている「リズムカード」は、個人で学習する教材の仕様。

コギト先生
カードは小さめで付録のドリルがついています 。

音符に始めてふれる生徒が親しみやすいように絵を描いたりなぞったりしながら音符を書くのに慣れていく設計になっています。

これは目次。

音符の練習ができます

歌いながらリズムを叩いてリズムを理解していく丁寧な学び方ができます。

肝心のカードは定期券の一回り大きいサイズで、2拍〜4拍の短いリズムが練習できるようになっています。

上の3つが表で下の3つが裏。付点四分音符や16分音符、タイは出てきません。

40枚に白紙のカード8枚がついて計48枚セットとなっています。

このリズムカード独自の「W」字の記号。

音の長さが理解しやすいような工夫をしていますが、これは逆にわかりにくかったりもする気がしました…。

コギト先生
音符も出てきて、さらに新しく記号も出てきて、っていうのはちょっと…。

小学校低学年で音楽の授業用のドリルとして一人一冊買うという使い方が適していると感じました。

音楽教室でも使えると思います。

②YAMAHA ぷっぷるのリズムカード

ぷっぷるのリズムカードは折れにくい質感のいい紙を使っています。

カードがカラフルなのが特長で、イラストも入ってかわいいです。

大きさはB6という文庫本くらいのサイズ。

表裏でこんなかんじ。キャラクターかわいいですよね。

入っているリズムの一覧はこんな感じです。

カード1枚は短いリズムですが、組み合わせて使うのがおもしろそう。

一斉授業で生徒に提示するのには小さいサイズですが、

  • 「先生がリズムを叩いて、そのカードを取る」というカルタ的な遊び
  • 「リズムを組み合わせて、リズム作り」

などの使い方に向いているカードです。

工夫次第でいろいろ使えそうですね。

2枚のカードを組み合わせて使えばリズム創作の授業でも使えます。

小学生のグループワークに使えそうな感じがします。

クラスに5〜6セットあると、カルタ遊びやリズム作りができそうですね。

   

③リズムパターンカード(音楽之友社)

市販されているリズムカードの中で一番大きいB5サイズ。

音楽之友社から出ている「リズムパターンカード」は一斉授業向き

3種類の中でも一番大きいB5サイズで(これより大きいサイズは探してもありませんでした)、シンプルな見た目。音符以外書いていないので、わかりやすく提示できます。

表。シンプル。
裏。もっとシンプル。
コギト先生
見せて、リズムを叩いて、というフラッシュカード本来の使い方だけに絞ったカードですね。

教室で全員に見せるのにぎりぎり大丈夫な大きさといった感じでしょうか。

カードの一覧はこんな感じ。

難しいパターンも用意されていて、中学生でも使える難易度です。    

40枚のカードが入っているのに、同じ問題のカードが2個ずつあるので、問題数は20問しかないのが痛いところ。なんでだろ?

また拍子もすべて4/4拍子で、他の拍子はありません。

コギト先生
市販されている中で一斉授業に使えそうな唯一の大きさなのですが、バリエーションの少なさが残念です。

授業で他の先生も手作りのフラッシュカードを使っている理由がなんとなくわかります…。

「リズムパターンカード」(音楽之友社)

まとめ デジタルのリズムカードは超おすすめ!!

コギト先生
使えそうなリズムカード、みつかりましたか?デジタルのリズムカードは便利ですよ!

ムジクラスオリジナルのリズムカードは、たくさんの先生に購入いただいていて、マジでおすすめです!

リズム学習はこれだけあればOK!

デジタル版「リズムカード」のメリットたくさん
  • デジタルで管理、なくならない、かさばらない
  • パワーポイント・キーノート、ワードのデータですぐに使える!
  • リズムを自作もできる!
  • スクリーンやテレビに大きく映し出して学習できる
  • 音源による答え付きで自習もできる
  • リズムに関する解説もついていてわかりやすい!

こんないいところいっぱいのリズム学習教材です。

紹介した市販の3つのリズムカードと比べてみるとデジタル版のリズムカードにメリットがめちゃくちゃあることがわかると思います。

カード出版社・価格サイズカード数・問題数対象学年利用シーン・メリットデメリット購入はこちらから


くおんリズムカード
くおん出版
1,650円(税込)
名刺大サイズ40問小学校低学年・個人用
・ドリル付き
・白紙カードあり
・独自の記号がわかりにくい
・買うなら一人一冊
詳細を見る


ぷっぷる「リズムカード」
YAMAHA
1,430円(税込)
B6サイズ50問小学校低〜中学年・小グループ用
・カラフル
・使い方いろいろ
・授業で見せるには小さめ
詳細を見る

リズムパターンカード
音楽之友社
1,320円(税込)
B5サイズ20問小学校中学年〜中学生・一斉授業用
・授業で提示しやすい
紙は折れやすい詳細を見る

リズムフラッシュカード50問
ムジクラス
2,480円
カスタマイズ自由50問
(作成ツールで自作可)
小学校低学年〜中学生
レベル5段階
・プリントあり(個人用)
・TVに映して一斉授業も
紙で使いたい場合は印刷詳細を見る
デジタル版リズムカードは使いたいようにカスタマイズできる!

よかったらnoteを覗いてみてくださいね!

デジタル版「リズムフラッシュカード50問」をチェック

今回は以上です!

   

仲間に知らせよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です