【意外と難しい】演奏の基本・まっすぐ楽に立つ方法の教え方①バランス(アレクサンダーテクニークの視点から解説)

コギト先生
アレクサンダーテクニークは教育のいろんなところで活かせるメソッド。私も指導者資格を持ってます。

 

「アレクサンダーテクニーク」というのは簡単に言うと、

F.M.アレクサンダーが創始した、「楽に(効率的に)体を動かす」メソッドのことです。

 

コギト先生
アレクサンダーさん自身、元々演劇畑の人なので、アレクサンダーテクニークは表現系の分野でよく知られています

 

最近話題のこのような本もアレクサンダーテクニークの概念を元に書かれています。

 

私自身、ピアノの演奏がうまくいかないことや、腰痛も、アレクサンダーテクニークを習得することで解消でき、今は指導者の資格を取得し、音楽の授業にも生かしています

 

今回の記事では、授業の始めの発声練習でよく言いそうな、

キビキビ先生
はい、ではまずまっすぐ立ちましょう

というフレーズを深掘りしてみます。

 

っていうかそもそも、どうやったら「まっすぐ立てる」のさ?

 

「背筋をピンと張って」とか?

 

「腹筋に力を入れて」とか?

 

実は↑のような「背筋を張る」「腹筋に力を入れる」というのは、逆に理想的な立ち姿勢(すなわち歌う・演奏する時に有利な姿勢)を阻害していることが多いのです。

 

キビキビ先生
え、ダメなの?とりあえずな勢いで「背筋ピンとして!」とかすぐ言っちゃう!
コギト先生
歌うにしても演奏するにしても、基本的には余計な力を極力入れないようにすることが大事なんです。

 

アレクサンダーテクニークにおいて、楽な姿勢、動き方の大前提となるポイントは以下です。

大前提
  1. その為には体を支えている部分に「乗っかる(体重を乗せる)」
  2. 息を積極的に吐くことで余分な力を積極的に抜く
  3. 頭は高いところに位置付ける
コギト先生

この記事では①の体重を乗せるアクティビティを紹介していきます!

 

普段何気なく使っている「良い姿勢」という言葉ですが、

良い姿勢を実際に教えることはかなり専門的な知識が必要です。

アレクサンダーテクニークについて知り、「良い姿勢」の考え方をつかめば、

  • 良い姿勢について具体的に理解、説明ができる
  • 姿勢のどこをどのように改善すれば良いか指導できる
  • 歌や演奏の指導での姿勢(ひいてはあらゆる場面における姿勢や動き方)について指導ができるようになる
かも。

コギト先生
私もアレクサンダーテクニークを学んで、音楽の授業に姿勢の指導をたくさん入れるようになりました!理論的裏付けから良い姿勢を説明できますし、その指導を受けて変わっていく生徒たちにびっくりしてます。

アレクサンダーテクニークは音楽の授業だけではなく、他の授業、ホームルーム、体育とかいろんな指導に活かせそうです。

 

最後までご覧ください!

 

 

楽に立つとは、骨のバランスだけで立つこと

 

「まっすぐ楽に立つ」ためには、バランスが重要になります。

 

バランスが悪い姿勢でいると、

バランスの悪い姿勢を維持するために余計な筋肉の力が必要になり、

結果、余計な力が入り、

それはあらゆる動作についてマイナスに働きます。

 

そしてバランスの良い姿勢は極論「骨のバランスだけで立つ」ということです。

 

コギト先生
そりゃあ実際には骨だけで立つということはできないんだけど、イメージの話で聞いてください。

 

例えば、

 

このリコーダーが人間の骨だとします。


↑自立してバランスよく立っています。

 

まっすぐ立っていない場合、このバランスが悪くなるわけで、

 


↑イメージ的にはこんな感じでしょうか。

 

そうなってしまうと、

 


もちろんバランスが悪くて倒れてしまいます。

 

でも、人間には筋肉があるので、倒れそうな状態でもこんな風に、

 


↑バランスが悪い姿勢でも筋肉で支えることができるわけです(写真の手が筋肉だと思ってください)。

 

当然人間はまっすぐ立っているだけではなく、いろんな姿勢や動きをしなければいけないので、

↑のように筋肉の力(支え)を使ってバランスの悪い体勢を支えるのが通常です。

 

でもそれが癖になって逆にこんなことも起こりうる、というのが次の写真。

 


↑ん?手、要る?

 

リコーダー(骨)はそのままでもバランスをとって自立できるのに、

手(筋肉)を使ってさらにそれを倒れないように支えてしまっています。

 

本来必要のない筋肉を使って、体を支えてしまっている、

立っているだけなのに、やたらと力を入れている、

このようなことを無意識にしてしまっている人はかなり多いのです。

 

立っているだけでも力を入れてしまっている人は結構いる。

 

コギト先生
私もそうでした。アレクサンダーテクニークを受けるまでは。

 

このような体の支え方では、もちろん体の支え自体は強固にはなります(後ろから急に押されたりしても持ち堪えられる)が、その他の動き(自在に動く、声を出す)に対しては制限をかけることになります。

ただ立っているだけで無駄に筋肉を使っているので、疲れやすくもなります

 

「自由に動く」、「自由に歌う」ことができる姿勢は、

「なるべく骨のバランスだけで立っている状態を実現し、余計な筋肉の力を入れないこと」

ということになります。

 

体重をしっかり足に乗せるアクティビティ

 

アクティビティの大事なポイント

コギト先生
授業のはじめなどに簡単に5分くらいでできるアクティビティについて紹介します!

これは体重をバランスよく足に乗せるアクティビティになります。

 


引用:ケンダル「筋:機能とテスト」より

↑は理想的なバランスで立っている場合の足の部分の図ですが、

重心は矢印で示されているように、

かかとでもつま先でもなく、くるぶしの真下あたりになります。

(私は授業では「靴のベロベロ(シュータンというらしい)のあたり」と説明しています)

 

重心がこの部分にきてバランスよく立つことができていると、

感覚的には「足の裏全体に体重がかかっているように感じられるはず」です。

 

これを生徒が感じとることができるようにアクティビティをやってみましょう!

 

アクティビティの流れ

ここからは実際の授業の進め方の例でご覧ください。

(発声練習の前に行うことを想定しています)

 


 

コギト先生
発声練習の前に まっすぐ立つ練習してみよう!まずは自分が「これが一番いい姿勢だと思う立ち方」で立ってみて
そうするとさ、足のどこに体重がかかってる?かかと?つま先?

 

(かかと・つま先どっちに自分が体重をかけているか感じ取ってみる。先生はそれぞれの生徒の姿勢をみて回る。黒板に足の裏のイラストを図示するのも良いと思います。)

 

男子
俺はかかとです!
男子
僕は…、どっちかわからない!

(どっちか「わからない」と答える生徒は実はバランスの良い「足の裏全体にしっかり体重がかかっている可能性があります。「わからない」も、答えの選択肢に入れておいてあげましょう)

 

コギト先生
じゃあ実験。まず、おっとっとって倒れてしまわないぐらいに前に姿勢を倒してみようか。

(みんなで一斉に姿勢を前に倒してみる)

コギト先生
そうすると、体重は足のどのあたりに乗る?
みんな
つま先です!
コギト先生
じゃあ今度は後ろに倒すと?

(姿勢を後ろに倒してみる)

みんな
今度はかかとです!

(これに加えて、左右に倒れて体重が右足・左足にかかる状態を感じるアクティビティを追加してみても良いです)

 

この後、バランスの良い立ち方について説明します。

コギト先生
実はまっすぐ立つっていうことはバランスが大事。そして、バランスよく立っている時には、体重はかかとでもつま先でもなくて、「足の裏全部に乗っている感じ」なんだよ。靴のベロベロの部分あるでしょ、ちょうどその辺り。
コギト先生
さっきかかととつま先、どっちに体重がかかっているか「わからない」って答えた人がいるけど、その人はもしかしらバランスの良い立ち方ができていたのかもしれないねー。

 

コギト先生
じゃあさっきやった実験を使って、「足裏べったり」のバランスの良い立ち方を自分で見つけてみよう。

 

つま先に体重がかかる「前傾の姿勢」とかかとに体重が乗る「後傾の姿勢」両方の姿勢を振り子のように行ったり来たりさせながら、重心の位置を感じとらせ、次第に振り子の揺れを少なくしていき、「足の裏全体に体重がかかるポイント」を生徒自身の「感覚」で掴み取らせましょう。

 

男子
あ、わかった。この辺が「足裏べったり」になる!

 

コギト先生
そうそう、自分でバランスの良いところがわかることが大事。次からも発声練習の前に少しだけ時間を取るから、「足裏べったり」のバランスを自分で探して立ってみてくださいね。
みんな
はーい!

 

一度時間を取ってここまでやっておくと、

次の授業からは、

コギト先生
足裏べったり!

という指示だけで生徒がこのアクティビティを思い出して、バランスを探して立つようになります。

 

「足裏べったり」=「バランスの良い立ち方」ができたところで、

コギト先生
そして、はぁ〜。

と、息を吐くことを促してみましょう。

息を吐くと、体の余分な力を抜くことができます(これ重要)。

 


 

以上、立ち姿勢のバランスを探すアクティビティでした。

 

 

まとめ

 

「まっすぐ立つ」というのは実はなかなか難しいものです(やるのも教えるのも)。

 

教育現場では「姿勢を良くしなさい」「まっすぐ立ちなさい」「まっすぐ座りなさい」という指示が飛び交っていますが、

「じゃあどんな姿勢で座れば良いのか」

ということをしっかり説明できる人は少ないのではないでしょうか。

 

コギト先生
私自身、アレクサンダーテクニークを学んで初めて良い姿勢を教えられるようになりましたから。

 

今回紹介したアクティビティは体重を乗せるポイントについての説明でしたが、

立つ時の姿勢の良し悪しは「体重を乗せる足の裏のポイント」だけによるものではありません。

アレクサンダーテクニークからすれば、

頭の位置や腰の反らせ方、それらの全身における関係などを総合的に考えていく必要がありますが、

それを一度に教えるのは無理です(私も習得までに3年くらいかかりました)ので、

少しずつ学んでいくことが必要です。

 

授業の少しの時間で、このようなアクティビティを重ねていけば

姿勢や動き方が変わることで、生徒にもいろいろな良い変化が現れることもあります。

  • 良い声が出るようになった
  • 座っている時の姿勢もよくなった
  • 授業に集中できるようになった

などなど。

コギト先生
私もアレクサンダーテクニークを習って数年経ち、腰痛は治ったし、ピアノの演奏も楽にできるようになったし、落ち着いて授業ができるようになったり良いことたくさんありました!

 

ぜひ取り入れてみてくださいね!

 

アレクサンダーテクニークの入門書としてはこちらがオススメです(私が通っていたアレクサンダーテクニークの先生の著書です)

 

 

 

仲間に知らせよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です