【速報】どこが変わった?文科省「学校の新しい生活様式」ガイドラインver.4(9/3)の変更ポイント

2020年9月3日、

文部科学省から、

「学校における新型コロナウィルス感染症に関する衛生管理マニュアル〜学校の新しい生活様式〜」のver.4が出されました。

 

コギト先生
新型コロナの対策に関しての考え方や、学校での対策の方法の基本を表したガイドラインです。

 

5月22日にver.1、6月16日にver.2、8月6日にver.3、そして今回がver.4となります。

 

新米教員
どこが変わったのかしら…。全部読むのも面倒だからざっくり知りたい。

 

ガイドラインver.4の変更点

前回までと比べて、今回のガイドラインver.4で「大きな変更や方向性が変わった」などは特にありません

コギト先生
変更点を前回の8/6に出されたver.3と比べてみました。説明が詳しくなった感じですね。

 

内容の変更や拡充など
1章:感染症対策について おおすじや方向性は変わらず

感染症の分析が加わりグラフも多く

ガイドラインに沿えばリスクは少なくなると記載

参考資料の追加

2章:基本的な感染症対策 おおすじや方向性は変わらず

小学生が清掃作業をしている写真追加

換気効率の資料追加

フェイスシールドについての解説追加

3章:具体的な感染症予防対策 おおすじや方向性は変わらず

部活動の大会や練習試合・合宿についての記述が追加

4章:感染が広がった時の対応 変更なし
5章:幼稚園での留意 変更なし
6章:寮、寄宿舎の感染症対策 3章に部分的に記されていたものが独立・拡充

「宿泊施設のガイドラインを参考に」と書かれていたが、

居室、食堂、浴室などそれぞれの感染対策が明記。

 

「本マニュアルにしたがって感染症対策を行っていた場合には、学校内で感染が大きく広がるリスクを下げることができると考えられます。」

(第1章 p.10)

↑前回にはなかったこんな文言も加えられ、

コギト先生
コロナ対策の様子がわかってきてマニュアルにも自信が出てきた感じがする。

 

学校でのコロナ対策で押さえておきたいポイント

コギト先生
前回のver.3から清掃や消毒などの対策も現実的に負担のないようにと言われているので、確認しておきましょう。

 

ガイドラインの押さえておきたいポイント
  1. ポイントを絞った清掃
  2. 3密と大声には気をつける
  3. マスクは十分な距離が確保できない場合に着用する
  4. 手洗いは水洗いだけでも効果はある

 

①ポイントを絞った清掃

出典:「学校における新型コロナウィルス感染症に関する衛生管理マニュアル〜学校の新しい生活様式〜」ver.4

↑ガイドラインver.4では、小学生が清掃をしている写真も載っています。

 

消毒は有効なものの、学校生活で全てのウィルスを除去するのは困難との考えから、

一時的な消毒より、清掃で清潔な 空間を保つことの方が重要、と書かれています。

 

清掃と消毒のポイントについても書かれていますが、

 

 

  • 机や椅子、床は消毒の必要なし
  • トイレ・洗面所は家庭用洗剤を用いて通常の清掃の範囲で(消毒必要なし)
  • 共用のものは使用前後に手洗いする
  • ドアノブや手すり、スイッチなどのよく手を触れる場所は1日に一回消毒

 

 

コギト先生
このくらいのレベルでいいみたい。
新米教員
写真は洗剤を使って机を拭いているところみたいね。

 

台所用洗剤については、コロナウィルスに有効な成分があるそうなので、調べてから使うようにしましょう。

↑この成分が入っている洗剤の一覧はこちら

 

②3密と大声に気をつける


出典:「学校における新型コロナウィルス感染症に関する衛生管理マニュアル〜学校の新しい生活様式〜」ver.4

 

感染が起こりやすい場所として、「3密」と「大声」が挙げられています。

新米教員
大声って。音楽で大きな声で歌えないのかしら。

上の文章をよく読むと、

「換気を適切に行っている室内では、マイクロ感染飛沫(小さな飛沫が漂う)は起こりにくい」

と考えて良さそうです。


出典:「学校における新型コロナウィルス感染症に関する衛生管理マニュアル〜学校の新しい生活様式〜」ver.4

 

換気については、常時行うなら、部屋の対角を開ける方法で、20センチ程度開けるだけで十分とのことです。

コギト先生
音楽の授業の場合廊下のドアは開けたくないけど(音がもれる)、扇風機を使う方法もあります。過去記事を参考にしてください!

音楽の授業のコロナ対策まとめ(歌もリコーダーもやっていいの?)私の学校のガイドライン実例紹介

 

また、大会、コンクール、練習試合や合宿の実施についても今回追加の記載がありました。

↑これについては明確な方法については述べられていませんでした。

 

③マスクは十分な距離が確保できない場合に着用する


出典:「学校における新型コロナウィルス感染症に関する衛生管理マニュアル〜学校の新しい生活様式〜」ver.4

マスクの着用についても、

マスクは距離が十分に取れない場合にするべき、と言う考え方が示されていて、

こともしっかり書かれています。

さらに我々教職員も同じです。

 

コギト先生
もうさ、マスクしすぎてマスク焼けするよね。

 

ちなみにフェイスシールドはあまり感染対策としては万全とは考えていないようで、

↑こんな記載が今回追加されています。フェイスシールドはマスクの十分な代わり、とはならないようです。

 

④手洗いは水で流すだけでも効果はある


出典:「学校における新型コロナウィルス感染症に関する衛生管理マニュアル〜学校の新しい生活様式〜」ver.4

 

アレルギーっ子
僕手が荒れてるから石鹸とか消毒無理なんだけど…。

アトピーやアレルギーで洗剤や消毒液に触れるのがためらわれる生徒や教員もいるかと思います。

上記の図からいくと流水でしっかり(25秒程度)すすぐだけでも、ウィルスは100分の1になります

 

もちろん石鹸での手洗いや消毒の方が良いのはその通りなのですが、

消毒や石鹸NGな人や、近くにない場合はこまめに水で流すことも十分効果がありそうですね。

 

 

まとめ ver.4は大きな変化はないが気になるところは目を通そう

 

コギト先生
この記事を読んでいただければ、今回のガイドラインの内容については押さえられるかと思います。

下記にリンクを貼っておきますので、気になったところだけチェックしてみると良いと思います。

新型コロナウイルス感染症に関する衛生管理マニュアル~「学校の新しい生活様式」~(2020.9.3 Ver.4)(PDF:3382KB)PDF 新型コロナウイルス感染症に関する衛生管理マニュアル~「学校の新しい生活様式」~(2020.9.3 Ver.4)別添資料(PDF:8026KB)PDF

 

では今日はこれで終わりです!

仲間に知らせよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です